タグ:韓国ドラマ&映画 ( 3 ) タグの人気記事

王の男☆「女よりきれいな男」といわれたイ・ジュンギ




観てきました、今年話題の韓国映画『王の男』!
先月の第19回東京国際映画祭でも特別上映された映画です。
その王の男の役を演じたイ・ジュンギは、日本でも人気急上昇中ですね。
(とくに若い女性に人気ですね)
わたしの好みではないけど、イ・ジュンギは確かに美しかったです*~*
「女よりきれいな男」と評されただけあります!
これじゃ、共演した女優カン・ソンヨンもさぞかし、やりずらかったことでしょう。
今、毎朝カン・ソンヨンをパク・ヨンハのドラマ「噂の女」で見ているので、どうしてもそのイメージがダブってしまって(笑)....
それから、冬ソナで工事現場で寝込んでしまう酒飲みのおじさんも王に仕える宦官役で出ていました。


『王の男』は朝鮮王朝時代(第10代国王、燕山君)の宮廷芸人を描いた映画です。最下層身分の芸人が、宮廷芸人となり、王の寵愛を受けるというストーリー。詳しくは→*朝鮮日報2005/12/29レビュー「朝鮮王朝時代の宮廷芸人を描いた『王の男』」

権力を風刺する芸人の芸もおもしろく見応えがあります。「大声で笑えて、最後には泣ける〜」映画でした。芸&ゲイの世界を2時間飽きさせずに見せてくれます。芸人魂を感じさせるラストは感動的です*~*<<<<<

ニューヨークタイムズの記事でも「『王の男』が同性愛をタブー視している韓国社会の壁を崩壊し、1200万人を動員する最高のヒット作となった」と報道されています。

最終的な韓国での『王の男』の観客動員数は1230万人だそうで、『グエムル』についで2位です。低予算でこれだけの興行成績をあげたと評判に映画でした。また、第43回大鐘賞映画祭で史上最多の10部門受賞を成し遂げています。『グエムル』はわたしは好きだったのに、日本で転けてしまい残念でしたが、この『王の男』はどうでしょうか?
イ・ジュンギ人気でヒットするのでしょうか?
映画としては、おもしろくておすすめです。

イ・ジュンギの美しさばかりでなく、芸人役のカム・ウソンと王役のチョン・ジェヨンの演技がすばらしい!
ちなみに、チョン・ジェヨンはぺ・ヨンジュンの『太王四神記』で、ペ・ヨンジュン演じるタムドク王の右腕役を演じる予定だったが、撮影スケジュールの延期などで、ほかの仕事との調整が難しくなり降板してしまい残念です。



d0086230_1203290.jpg

12月9日より、ロードショー。
[PR]
by norikoiida | 2006-11-17 12:05 | 日記

「もうひとりのヨン様」の韓国ドラマ講座②


(昨日の続きです)

「もうひとりのヨン様」ことイ・ヨンチェ先生の「『韓流』名作で学ぶダイナミックな韓国」は、全部で8回の講座です。わたしが初めて参加した10月11日は2回目でした。
9月27日の1回目の講座のテーマは「映画からみる北朝鮮の描かれ方」で、10本あまりの映画がピックアップされたようです。そのどれかを観て感想をいうというのが宿題でした。(わぁ〜、宿題が出るんだ〜!)
10本の映画の名前全部をメモできなかったのですが、 「JSA」「ブラザーフッド」「シルミド」などわたしも知っている映画のほか、生徒が感想を述べた映画で「二重スパイ」「スパイ リ・チョルジン」などがありました。それに関連した「固定スパイ」の説明などがあり、初めて聞く言葉も多く、最初から驚きの連続でした。

そして、2回目のテーマは「捨てられた革命家たち  智異山(チリサン)パリチザン闘争とは」で、韓国現代史を理解する上で欠かせない映画やドラマを紹介。映画は「ピアコル」「山火」「南部軍」「太白山脈」。ドラマは「黎明の瞳」「砂時計」「白夜」。
現在、ペ・ヨンジュンが撮影中の「太王四神記」のキム・ジョンハク監督が「砂時計」の監督であることは知っていましたが、3本のドラマが全部彼の作品だったなんて、すご〜い!
「砂時計」は光州事件の実写映像が迫力だったし、北朝鮮の核開発をからめた国際的なスケールの大きいドラマだったし、まだ、わたしは観ていませんが「黎明の瞳」は従軍慰安婦や731部隊が出てくるドラマだそうです。キム・ジョンハク監督はバリバリの社会派だったんですね。その監督人生の集大成がぺ・ヨンジュンの「太王四神記」ということでしょうか? 
撮影の大幅の遅れなどで、キムPDへの不満も頂点に達しつつありますが、大いに期待して待つことにいたしましょう♡ちょっと、ワイルドなヨンジュンを想像したりして....わぁ〜い!

講座は1時間半の予定ですが、気が付けば2時間。あっという間でした。ヨンチェ先生は早口なので、メモをとるのも大変ですが、なんともいえぬ充実感。そしていよいよ次回から4回続けて、ペ・ヨンジュンのドラマ「初恋」と「愛の群像」がテーマです。そして、次回(10月25日)までの宿題として、「初恋」1話〜30話を観て、疑問点などを洗い出してくることです。また、「初恋」を観直す楽しみができました♡



d0086230_2072610.jpg



♡今日は東京湾岸方面で1日撮影。夜は写真セレクト&入稿。
ここのところスケジュール過密です。


BYJ Today
*わたしのお気に入りヨン様ブログ「みどりんの夢気分」、10月11日には閉鎖宣言が出てしまいましたが、12日には少しお休み宣言に♡みどりんさん、ゆっくり休んでくださ〜い。ずっと、待ってますよ! ジソプを熱く語ったっていいのよ♥わたしもジソプ好きです。
[PR]
by norikoiida | 2006-10-13 21:15 | 日記

「もうひとりのヨン様」の韓国ドラマ講座♡


昨日(10月11日)の夜は、恵泉銀座センター秋講座の一つ「『韓流』名作で学ぶダイナミックな韓国」に行ってきました。講師はイ・ヨンチェ先生。8日の「スペースゆう」の講座で、韓国ドラマ&映画を参考にしながら、韓国の兵役・徴兵制について、ご自身の兵役体験をふまえて、とてもわかりやすく説明してくださった先生です。

2年半前に冬ソナを初めて観て、ペ・ヨンジュンファンになって以来、彼の作品を始め100タイトル近くのドラマや映画を見てきました。2年半、韓国ドラマづけの日々を送ってきたわけです。「わたしもそうよ〜」というヨンジュン家族もたくさんいらっしゃることでしょう....(笑)。
とにかく、韓国のこの10年くらいのドラマを手当たり次第見てきたわけです。「その作品のバックグラウンドがわかったらもっとよく理解できるのに...」ということが間々ありました。

イ・ヨンチェ先生は慶応大学院法科研究科博士課程在学中で、専門は日韓・日朝関係。決して、韓国ドラマの専門家ではないのですが、お見受けしたところ、「韓国ドラマ生き字引」というくらいものすご〜い方です。
しかも、お名前がヨンチェssi♡「もうひとりのヨン様」とも呼ばれていて、すでにファンもたくさん。「これは日頃の韓国ドラマの疑問を一気に解決する絶好のチャンスだわ〜」とさっそく「もうひとりのヨン様」の講座を受講することにしたのでした!

(続く)

d0086230_1856065.jpg





今日は午前中、韓国語教室。指示代名詞の復習&第2課の会話。宿題たくさんでる。クラスメートのヨン友Hさんに、ロッテのバッカス10個入りのヨンジュン写真入り箱をもらう。種類がたくさんあるらしい....



今朝のTVで、総理夫人の安倍昭恵さんが、中国のどこかを訪問したときに、乾杯を中国語でいうところを間違えて韓国語で言ってしまい、あとからいい直したというニュースをやっていた。
昭恵さんはそうとう韓国語ができそう!→こんな記事も*朝鮮日報10/11「目を引いた安倍首相夫人の『韓流外交』」


BYJ Today
*三進トラベルサービスのキルギスタンロケ地訪問ツアー(13日、20日発)が中止になったもよう。三進のHPはすでにアクセス不能。ペ・ヨンジュンのキルギスタン撮影も中止になったのでは、という噂もちらほら。一方、チェジュエキスポの開催が11/29〜3/10という韓国報道もあるが、こちらも不確定。今回の「太王四神記」撮影&各種イベントに関しては、延期やら中止など日常茶飯事になってしまった。それにヨンジュン家族は振り回されっぱなし! いったい、このドラマはいつ完成するのでしょうか?
[PR]
by norikoiida | 2006-10-12 18:58