タグ:太王四神記 ( 5 ) タグの人気記事

サンスポ1/21☆宝塚「太王四神記-」がスクリーンで蘇る



*サンスポ  2010.1.21 05:00
宝塚「太王四神記-」がスクリーンで蘇る


 ペ・ヨンジュン(37)主演の韓国歴史ファンタジー、「太王四神記Ver.II」のミュージカル化で、昨年上演された宝塚歌劇星組公演が新たにスクリーンで蘇る。映画的演出と宝塚の舞台が融合した「宝塚レビューシネマ」の第2弾で、芝居の映画化は初。2月20日から全国東宝シネマズ系などで順次公開。
[PR]
by norikoiida | 2010-01-21 08:08 | 太王四神記

聯合ニュース10/22☆日本で人気の韓国時代劇、「朱蒙」がトップ




*聯合ニュース  2009/10/22 13:17
[芸能]日本で人気の韓国時代劇、「朱蒙」がトップ


【東京22日聯合ニュース】
日本で最も人気のある歴史ものの韓国ドラマは、ソン・イルグク、ハン・ヘジン主演の「朱蒙(チュモン)」と分かった。

 ソフトウエアレンタルショップのTSUTAYAが先月16~30日にウェブサイト上で、「韓流時代劇」特集として人気投票を実施したところ、男女とも圧倒的な支持で「朱蒙」がトップとなった。2位は「宮廷女官 チャングムの誓い」、3位は「イルジメ」、さらに「薯童謡(ソドンヨ)」「太王四神記」と続いた。
[PR]
by norikoiida | 2009-10-23 08:21 | 太王四神記

innolife8/21☆『朱蒙』『太王四神記』の制作社の理由ある“没落”



*innolife 2009/08/21(Fri) 10:27
『朱蒙』『太王四神記』の制作社の理由ある“没落”



『朱蒙』『太王四神記』、これらは高い視聴率でお茶の間劇場を牛耳っていた“国民時代劇”だ。韓流コンテンツとしてアジアでも人気があった。これらのドラマの人気に後押しされ、チョロクペム、オリーブナイン、キム・ジョンハクプロダクションなどのドラマ制作社はその株価が急騰し、株主にかなりの利益をもたらした。

しかし、視聴者の記憶に良いイメージで残っているドラマとは違い、制作社の最近の歩みは惨めなことこの上ない。市場萎縮で投資者たちが去って資金調逹が難しくなり、赤字から抜け出す事が出来ず管理種目に指定された。17日『朱蒙』の共同制作社オリーブナインとチョロクペムは、資本蚕食率50%以上などの事由で、韓国取引所(KRX)から管理種目として新規指定された。

チョロクペムは今年の上半期だけで当期純損失45億ウォンを記録した。すでに2005年からずっと赤字の規模を増してきていた。2008年には多少赤字の規模が減ったが、依然として赤字経営を続けている。『朱蒙』以外にも『一枝梅(イルジメ)』『エデンの東』『思いっきりハイキック』など様々な人気作を生み出した。最近は新ドラマ『推奴(チュノ)』に対する期待で、市場で急騰したものの、依然として事業実績は不振を免れないでいる。

オリーブナインも同じだ。上半期の当期純損失だけで75億ウォンを記録した。2004年から赤字経営から抜け出せずにいる。最近KTからiwillpassに大株主が変わり、株価は500ウォンの中盤台から200ウォン台後半に墜落した。証券街ではデジタルコンテンツに対する期待でオリーブナインを引き受けたKTだったが、期待に及ばなかったため売却したという分析が出されている。投資者達の信頼も失った。最近実施した50億ウォン規模の有償増資は不発で、大株主を対象にした有償増資とCBの発行も毎回遅延された。

代表的な韓流コンテンツである『太王四神記』の制作社キム・ジョンハクプロダクションの財務事情も前の2社に比べ、そんなに良いわけではない。今年の上半期だけで124億ウォンの当期純損失を記録した。キム・ジョンハクプロダクションも3年目の赤字経営を続けている。キム・ジョンハクプロダクションは最近、経営権の紛争危機に置かれている。キム・ジョンハク監督が経営の一線から退き、パク・チャンシク副社長が代わりに代表理事になるや、主要株主の一つだったイエスキューホールディングスのパク・ソクチョン代表理事が持分の増加に乗り出した。現在、パク・ソクチョン代表理事の持分率は9.37%で最大株主(28.27%)にはまだ及ばない状態。

このようにどうして国民時代劇を作り出した主人公らが、実績面ではダウンしているのだろうか。大宇証券のキム・チャンクォン研究員は“市場がない”という点でその理由を探った。彼は「ドラマ市場のベースは結局、公衆波の広告市場だが、インターネットやケーブルTVなどニューメディアの人気が高くなり、放送広告市場が萎縮されている」とし「限定された市場が萎縮されている中、新市場が形成されないでいる」と指摘した。放送広告市場の半分が萎縮され、放送時にドラマを供給するのを主な売り上げ源とするドラマの外注制作社がやせ細っているという説明だ。
[PR]
by norikoiida | 2009-08-21 11:10 | 太王四神記

聯合ニュース5/12☆アニメ版 「太王四神記」、韓日合作に14日調印



「太王四神記」のアニメ化のニュースですが、キーイーストはかかわっていないのですね。

アニメの製作費については、まったくわかりませんが、アニメ「冬のソナタ」が全26話で、約10億円というのに、アニメ「太王四神記」のほうは、2億9200万円で、だいぶ少ないような感じ。

オリジナルのイメージが壊れないようにやってもらいたいですね...^^;


*ついに今年の新しいバラの写真です↓

バラ☆メアリーローズ
d0086230_2131168.jpg




*聯合ニュース 2009/05/12 16:27
アニメ版 「太王四神記」、韓日合作に14日調印


【釜山12日聯合ニュース】テレビドラマ「太王四神記」が韓日合作アニメーションとして生まれ変わる。ドラマは国内で30%台の高視聴率をマーク、日本では前例のない劇場上映などで話題を集めた。
 釜山コンテンツマーケット組織委員会は12日、釜山市内で開かれる釜山コンテンツマーケット2009行事に合わせ、アニメ版「太王四神記」の共同投資・制作調印式を14日に行うと明らかにした。アニメ版はドラマを原作に、韓国のジーエヌジーエンターテインメントとミックスフィルム、日本のネオが共同投資・制作する。ネオは日本の家電メーカーの共同出資・設立会社でビデオオンデマンドサービスを展開している。

 アニメ版は全26話、300万ドル(約2億9200万円)が投じられる予定で、来年初めの完成を目標とする。

 ジーエヌジーエンターテインメントはアニメ版のパイロットフィルムをこのマーケットで初公開し、海外向け先行配給に乗り出す予定だ。日本ではメディアグループが日本配給の意向を示している。
[PR]
by norikoiida | 2009-05-12 20:50 | 太王四神記

キムPDの本音☆



昨日(9/6)のMBC「太王四神記」試写会、メディアの評判も上々のようですね!

BYJ日本公式に、朝からふみさんのスレ3本もアップされていて、そのことについて詳しく解説してくれています。

なんでも、うれしくて仕事が手につかないとか....^^*

ふみさんによれば、「韓国では『太王四神記』に対する期待感が最高潮です、始まる前からすでに”国民ドラマ”であるようなマスコミの扱いを受けています」とのこと。



バラ☆Flesh Snow
d0086230_1156297.jpg



ふみさんも「キムPD」発言をまとめてアップしていますが、BYJ韓国公式にも、そんなキPDの発言が入った記事がアップされていました。↓


*BYJ韓国公式より

(自動翻訳記)
40229[n e w s e n]金鐘学PD “いつまで国内で視聴率 1%に満足するでしょう?” [1]秋女8:40:3672

金鐘学PD “いつまで国内で視聴率 1%に満足するでしょう?”
2007年 09月 07日 (金) 08:33 mulgae@newsen.com

憂慮と期待の中にベールを脱いだ ‘太王四神記’(シナリオ松脂や外/ 演出金鐘学外)の完成度に対して金鐘学 PDは満足に見えた. 6日午後 4時 30分ソウル汝矣島 MBC 経営センター 9階で取材陣と製作関係者, MBC 関係者たちを対象で行われた ‘太王四神記’ 内部試写会を終えた後金鐘学 PDは “ドラマをよく作ったと拍手を浴びたい考えはないが国内で最初にこういったドラマを作ったという点に対して自負心を持つ”と心境を告白した.

この日公開された ‘太王四神記’ 1~2部は檀君神話を土台で古朝鮮建国以前神話時代の話と三国時代高句麗小樹林王臨終以後内容が展開された. ベ・ヨンジュン, 門の音, イジア三人の主人公は 1部でそれぞれ神話時代桓雄, 不意信女持った, ウングゾックの女人セオで悔しくてつながる 2部ではそれぞれグァンゲト大王ダムドック, 高句麗侵略を狙う中国華川回の幾何, 世の中を滅亡させることができるフックズザックの化身スジニで生まれ変わる.

3人の主人公たちを中心に展開されたこの日シサネヨングブンは私たちに慣れた檀君神話を土台でちょっと疎い概念たちが開かれた. 特に目立つ部分は古朝鮮を ‘檀君が立てた国’という意味のジュシンで名付けたこと. 金鐘学 PDは “檀君の国は万里長城とバイ刀湖を飛び越えるおびただしい領土を持っていた”と説明して “この領土を回復しようという意味で歴史上唯一に領土を確張した広開土大王をジュシンが生まれ変わることで設定した”と説明した.

ドラマがちょっと難しくて重いという指摘には “私もその部分が惜しい”と認めて “疎い概念がたくさん登場して視聴者たちが見るのに理解しにくい地点があるでしょう. このような概念たちを説明するために 10日スペシャル放送を準備, 各キャラクターに対する説明とドラマの背景に対して充分に認知させること”と明らかにした.

しかし一般的にドラマの視聴率は初盤機先を制圧が重要だという観点で映して見る時分明 ‘太王四神記’ 1~2部は視聴者たちが易しく近付きにくい部分が存在する. 特に ‘太王四神記’の場合韓国ドラマでは珍しく 430億ウォンの天文学的な製作コストが投入されたのにそのうえ製作引き延ばしという産苦を経験しただけどの位の視聴率を担保にすると体面をいかすことができる.

しかし金鐘学 PDは “いつまで国内で視聴率 1~2%に満足するでしょう?”と聞き返して “‘太王四神記’は単純に国内地上波 3社の視聴率競争のために製作されたドラマではない”と強調した. 金PDは “‘太王四神記’の主人公ベ・ヨンジュンは消える韓流を蘇生させることができる可能性を提示している”と言って作品が国内用で終わらないことを確かにした. もう日本などにソンパンメされた ‘太王四神記’は以後ドラマの進捗状況を見た後追後 DVD 付加版権販売及びキャラクター事業などを展開する予定だ.

金鐘学 PDは “もう演技生活 30年だ. 気違い音を聞くかも知れないが ‘太王四神記’を通じて私がしたい話を伝えたかった”と言いながら “特に ‘太王四神記’は大統領選挙を控えて大権走者たちに警鐘を鳴らしたらと思う”と言う本音を明らかにした. また金鐘学 PDは “今後の韓国, 中国, 日本でそれぞれ 100億ウォンのファンドを造成, 約 300億ウォンの製作コストが投入された韓中日合作ドラマを作りたい. 主人公は韓国人ではないかも知れない”と言いながら構想中の次期作に対するオルゲを現わした.

m u l g a e @ n e w s e n . c o m





きわめて政治的なキムPDの本音満載ですね。
単なる「歴史ファンタジー」じゃないのか....^^;

ふみさんのキムPD発言は、もっとわかりやすくまとめられています。
「タムトクは征服王だが、ほかの外国の征服王とは違う。タムトクの征服は血の匂いがするんじゃなく、国際交流が広がるって感じじゃ。大統領選挙があるが、タムトクは大手会社の社長のような制服王だった。そういう人が王になるべきじゃ。いまのが政治的な発言だと?わしが政界に入るという噂があるが、わしは絶対に政治家なんかにはならん。大統領選挙を前にみなこのドラマをみて、望ましいリーダーシップとはなにか、考えればよいのじゃ。」

征服はあくまで征服で、国際交流とはちょっと違うんじゃないかしら...????
ヒトラーと比べられてもね〜!

キムPD、ぺ・ヨンジュンのカリスマ演技を得て、かなり自信満々のご様子。

次回作がどんなに大枚をつぎ込んだ国際的大作だとしても、ヨンジュンが出ないのだったら、興味も沸かないことでしょう....@@*
[PR]
by norikoiida | 2007-09-07 12:25 | 太王四神記