<   2009年 10月 ( 52 )   > この月の画像一覧

BYJ韓国公式10/30☆東亜日報[02]カバーストーリー「芸人ぺ・ヨンジュンの今日」



*BYJ韓国公式より  2009/10/30

(自動翻訳機)


59871 [東亜日報]今日創刊'O2'創刊号..ペ・ヨンジュン インタビュー  秋女8:40:51 64

[知らせます]酸素のような大衆文化ウェブマガジンO2今日創刊東亜日報原文記事転送2009-10-30 03:52最終修正2009-10-30 06:03

http://nimg.nate.com/orgImg/do/2009/10/30/23779509.1.jpg

[東亜日報]

ペ・ヨンジュンが“家にいる世帯らを一つずつ減らす”としました。 “豊かなことは何かに押さえられる感じ”としながら要. 彼にどんなことが起きたでしょうか。

肩を誇張されるように表現する‘肩ファッション’が流行です。 ところでキム・ヘスが(受ける)着れば格好よい肩ファッションがユン・ウンヘが(受ける)着れば不協和音を出します。 なぜでしょう。

インターネットには演芸記事であふれ出ます。 大部分がゴシップです。 窒息しそうな演芸ニュースの洪水の中で酸素のような情報と感性を伝達しようと‘ O2’を創刊します。 東亜日報記者と見真似が抜け目のない外部筆陣が作る大衆文化専門ウェブマガジンです。

30日発刊される創刊号にはペ・ヨンジュン インタビューと肩ファッション分析の他に△映画封切りを控えて非難されたチャン・ナラ△前週のタイ ドラマ製作現場△少女らが‘テリウス’に熱狂する理由△のがしてはいけない映画とアルバムの便りを入れました。 東亜ドットコムでO2をクリックして下さい。 楽しみに対する新しい解釈を通じて五感を満足させます。 毎週金曜日アップデートされます。


バラ☆ドクター ファウスト
d0086230_7285882.jpg



59870 [O2]芸人ペ・ヨンジュンの今日.. "ペ・ヨンジュンと本当に親しい行ってみて。"秋女9:2:29 43

[O2カバーストーリー]芸人ペ・ヨンジュンの今日 東亜2009-10-29 11:51 2009-10-29 20:46

http://news.donga.com/IMAGE/2009/10/29/23772891.1.jpg

http://news.donga.com/IMAGE/2009/10/29/23773549.1.jpg

ヨン様と共にした7年,2番目'恋歌'を歌う冬がまた近づくよ

'彼は本当にペ・ヨンジュンと親しい間であろうか?'

ペ・ヨンジュンに会いに行く道,同行した記者ら何人かが出すことをしたと彼ら中1人が私に笑って耳打ちした。 私は首を横に振って'そのまま分かる間'と答えた。

社会生活をしながら'親しい'という言葉が乱用される場合をたくさん見た。 乱用よりより一層嫌いなのは誤用される場合だ。 だから私は彼との関係を規定する適切な単語で'分かる間'という(のは)表現を選んだ。

9月の最後の日,日本,東京ドームでは彼が出した本'韓国の美しさを探して離れた旅行'の日本語版出版記念会があった。 私をはじめとする取材陣は後方控室で席を占めて彼を待った。 彼は舞台衣装そのまま姿を表わした。 取材陣を見回す彼と目が合ったし,互いに軽い手ぶりをした。 そばに座っていたある同僚が話した。

"ペ・ヨンジュンと本当に親しい行ってみて。"

まさか,分かる間でも手要人程度はする。 集団インタビューが終わってペ・ヨンジュンは遠く日本まで訪ねてきた記者らといちいち挨拶を交わした。 偶然にも私の順序は最も最後だった。



ペ・ヨンジュンは時間が経つほど孤独な存在になった。 彼が渡す"妻が必要だ"冗談を軽く流すことはできない。
彼と私の対話は7分程度続いた。 その後私は速い動きで取材陣を乗せたバスに上がったし,年次が少し低いある同僚記者はあるいはこの世界の用語で'水を飲まないだろうか'心配だったのか,どんな話を交わしたかとさっときて尋ねた。

この大きい課題で'何の話もしなかった'で答えれば,聞く相手は礼儀上首を縦に振りながらも中には'憎らしい'ですることが明らかだった。 しかしいわゆる'コリ'になるほどのその何も話さなかったこと事実なのに…,困惑していた。


●平凡な俳優でとても特別な存在で…,彼の去る7年

"その間どのように過ごしたのかは聞いた。"(ペ・ヨンジュン)

彼が私に望む返事は'無事に過ごして'あるいは'まあまあで'でもない'内部事情'であったか。 ソウルの某ヘルスクラブで偶然にあった後1年半ぶりだった。

一日のように流れた1年6ヶ月という(のは)歳月の間彼は本を書いたし,私は会社を移った。 有名税を離れて個人の年代記という(のは)このように虚しいのだ。 彼と私は特別な理由なしで苦々しい微笑を分けた。

私の人事は"本はよく読んでいる"であった。 東京にくる前,彼の所属会社を通じて本を受けた。 本当に読んでいるとお世辞ではないと付け加えるや彼は首を縦に振った。

去る7年はドラマ'冬のソナタ'で触発された'韓流'の年限でも,ペ・ヨンジュンと私が'分かる間'で過ごした時間でもあった。

またこの7年は今になって考えてみればその間演芸記者をしてきた自分にも少なくない変化をもたらした。

芸能人のゴシップと全く塀を作って生きることにはならない職業的宿命だ。 誰それと誰それが恋人になったしさらに結婚でもする日にはばっさりひっくり返るのが事実で,その便りをのがすことでもするならば始末書程度は喜んで使う覚悟を'辞表書く'日までは'常に'持って生きなければならないので。

ゴシップの戦争は相変らず有効だったり日が進むにつれ私の首をより一層引き締めてくるかも知れないという気がするが,それでもペ・ヨンジュンがいるので(に)私は息の根を少しでもねじることができたと告白する。

倭人紙は一行で説明が可能だ。 ペ・ヨンジュンは事件,事故(思考)なくても9時ニュースをたびたび飾る芸能人であるためだ。



彼が使った‘韓国の美しさを探して離れた旅行’は韓国と日本を合わせて初版7万部が売り切れた。

● '妻が必要だ'というペ・ヨンジュン

取材陣とのインタビューで彼は冗談でこのように話した。

"今必要なことは妻"と。

この前までは出演した某アパート CFの有名なコピーを引用した彼の才覚は事実インタビューしないことで有名な,それで記者らとはよそよそしくならざるをえなかった雰囲気をあっという間に押し倒した。

インタビューが終わって別に彼とまっすぐにした時私は彼の表情で微妙な変化を感じた。 その変化は虚しさからくるということな場合も,虚伝することからくるということな場合も,あるいはそういう感情が交差してできたことであることもあると考えた。

'韓国の美しさを探して離れた旅行'は誰かに自身を貸してなされたことでない,ペ・ヨンジュン自らが作り出した初めての作品だ。 大きい山だった,小さい山だった目標にした固持(告知,高地)についに上がって出た時の感情を感じた人ならば成就の喜びは瞬間であるだけ,言葉では言いようのない虚しさにどうすることもできない自身を発見することになる。

もしかしたらペ・ヨンジュンは本を出して何と4万人に達する観衆の前で出版行事まで払った今や自身を押した緊張感を解除させてその気持ちに陥っているかもしれない。

彼は"からだが良くない"とすると私に"会う人いる?"と尋ねる。

俳優が記者に? 主客が'前渡'なった感じだが,彼は二万の対話で私に異性交際可否を尋ねた。 ネゲソも何となく寂しさが感じられたのか。 実は誰でも'感情移入'になって相手を解釈しなかったか。

私はこの前に別れたし"少し大変だ"と話した。 彼は浅い微笑を浮かべて"ソウル行けば茶一杯飲もう"とした。 その車(茶)は'慰労主(州,株)'のようにほろ苦い味が出そうだった。

そういえば7年前彼と私はソウルのある伝統喫茶店で初めて会った。 映画'スキャンダル-朝鮮男女相悦之詞'が封切りする頃だった。

その時もペ・ヨンジュンは伝統茶が好きだった。 双和茶(サンファチャ)を飲んだことで思い出すのに,私は'なぜタマゴは浮かさないのか'という笑い話の声を投げたようだ。 彼が笑ったのかはよく思い出さない。




東京港区に位置した高級韓定食レストラン'コシレ'

●彼は有銭有罪だ

首脳(頂上,正常)の韓流スターで君臨してペ・ヨンジュンはたびたび数字と表現されたりする。

空港に出迎えにきた日本の女性ファンが'何人だ'から彼が最近出した本'韓国の美しさを探して離れた旅行'は韓国と日本を合わせて初版7万部が全部予約まい進されたしこれを金額で換算すれば'いくらだ'まで。

'ヨン様'という(のは)彼の愛称に付け加えて産業化に入り込んだ国内芸能界を論じる過程でマスコミは彼を'株式金持ち'で命名することもした。

日本,東京ドームで進行された本の出版記念会にも数字を前面に出した便りは数えることができなく登場した。 例えば10万ウォン余り均一横出した4万5000個のチケットがほとんど全部売れたので,この日一日に彼は入場料でだけ45億ウォンをかき集めたという報道が代表的だ。

そのように7年余り超えてペ・ヨンジュンが数字で描写されて見たら多くの人々は彼をペ・ヨンジュンでない'いくら'で見始めた。

今までどれくらい儲けたし,今度はどれくらい儲けたし,これからどれくらい儲けるのかが大衆の関心事になったわけだ。 例えばペ・ヨンジュンに対する大衆の嗜好はスキャンダルの代わりをしてその'いくら'で置換されたのと同じだ。

彼がいくらを倉庫に積んだのかは私も分からないことだ。 彼が享受していることに対して私が知っているのは,国内何台転げまわらないというマイバッハは会社所有で,彼が実際に乗る車はランドローバーで,多くの人々が心配している彼の家が実は'貸し切り'という(のは)ことが全部。



9月29日日本アニメーション<冬のソナタ>製作発表会場に登場したペ・ヨンジュンただし資産が皆どれくらいなるかと尋ねなくて彼がはやり言葉で'3代が暮らす程は集めなかったのだろうか'という(のは)推論は十分に可能なようだ。

人の欲というのは終わりがないだろうが,金を儲けて積む面白味を越えれば世の中の道理がそのように無感覚になり無意味になるのではないだろうか。

彼はその虚しさを"空ける"という話で代った。

ペ・ヨンジュンは"ソウルに帰れば家にいる世帯らを一つ二つなくして留守にしなければならない"とした。 この話(言葉)は色々な記者らとのインタビュー途中流れ出たが,ここに付け加えて彼は"すべてのことが豊かなのはむしろ何かに押さえられる感じ"と表現した。

それでも彼はコスダックにも上場された自身の会社を通じてお金を稼いでいる。 'コシレ'という(のは)自身のブランドの下東京港区に高級韓国料理店を開いてキムチとマッコリを海外に出している。 事業をする人々は当然理解するはずだ。 会社というものも結局には有機体なので絶えず成長するしか,いや育てるほかはないということを。

もしかしたら彼は初めから会社の上場などはしないのが良くなるところだったと考えているかも知れない。 ペ・ヨンジュン自身をある程度はくくっている会社株価の行方を,彼は私生活では"みななくして,あらゆる事を減らしていくこと"で解消しているのではないのか。

●彼の明日,変化の激しいだろうが推察可能な

一種の文化体験立てできる'韓国の美しさを探して離れた旅行'は今日の彼をいるようにした'冬のソナタ'から映画'スキャンダル'と'外出',最近ドラマ'太王四神記'までどんなものと比べてもペ・ヨンジュン自身に大変重要な意味を持つ。

役割に対する選択は彼の持分(役割)であったとしても,数多くのアジア ファン(パン)をひきつけた作品の中のペ・ヨンジュンは結局は多数の誰かによって創造されたのだ。

それに(彼に)比較すればこの本は例えば途方もないスケールのUCC,自分制作物というに値する。 全て彼の思い通り企画されて完成された'韓国の美しさを探して離れた旅行'はそのような点で自身が楽しんで,感じたのを彼が'家族'だと呼ぶファンたちと共有しようとする'プロシューマー'(prosumer)の段階を見せている。 商業性は彼の名前の値段について自然についてくる副次的な問題だけのことだ。



ペ・ヨンジュンの去る7年は派手だった。 これから繰り広げられる'ペ・ヨンジュン2期'というどんな姿であろうか?
彼はつねって'プロシューマー'という(のは)単語を使ってはいない。 しかし本を書いて接することになった陶芸と漆をより一層練磨して"いつかは陶芸家,工芸家になりたい"という彼の風はこれからペ・ヨンジュンが広げることになる歩みの主要な端緒(糸口)として作用する。

ペ・ヨンジュンという(のは)首脳(頂上,正常)の'源泉コンテンツ'は一方,ファンたちをより一層呼んで集めて結集させる'核心'を少しずつ変化させる過程に置かれている。

去る7年間彼を光るようにした,そして今後も光るようにする源泉は誰でも察するように'冬のソナタ'だ。


しかし世の中すべてのことが永遠なことはない方法。
"矢のように過ぎ去ってしまった"過ぎた歳月ある時点で彼は自身を見せることができる'私だけのこと'でよく話す'ペ・ヨンジュン2期'を迎えたかったのかも分からない。

理由ない行動がないように世の中は'因果'という(のは)秩序である程度は動く。 彼が伝統料理に関心を傾けて伝統文化を体験した手記まで出した今になって,新しいペ・ヨンジュンはどんな姿で7年後大衆に記憶されるのか推察できないだろうか。

<スポーツ東亜>ホミンニョン記者justin@donga.com

*出処;http://news.donga.com/Enter/o2_List/3/0907/20091029/23761798/1
[PR]
by norikoiida | 2009-10-31 07:21 | ペ・ヨンジュン

BYJ日本公式10/30☆公知☆ペ・ヨンジュンの体調について(BOF公知翻訳)



9/27に韓国公式に載ったBOFの公知の翻訳が、日本公式にもやっと載りました♪


バラ☆ファースト フェデラルズ ルネッサンス
d0086230_18565623.jpg




*BYJ日本公式 公知   2009/10/30

タイトル | ペ・ヨンジュンの体調について(BOF公知翻訳)
投稿者 | administrator投稿日 | 2009/10/30 18:24:44アクセス | 150


内容
家族の皆様、こんにちは。

日々風が冷たく感じて、少しずつ紅葉もはじまり身近に秋を感じるようになりました。皆様はどのように秋を迎えていらっしゃいますでしょうか。

ペ・ヨンジュンが体調を崩して帰国した後、多くの家族の皆様からご心配の声をいただいております。

ペ・ヨンジュンは帰国後、病院で医師の指示に従い、充分に休息を取りながら治療に専念しております。家族の皆様からのたくさんのご声援のおかげで体調も快方に向かっており、元気を取り戻しつつあります。

最近は健康回復のために運動も再開し、予定が入っていたスケジュールも少しずつこなしながら過ごしております。今後も完全に回復するまで本人はもちろん、スタッフ一同も一緒に最善をつくしてまいります。

多くの家族の皆様にご心配をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。
今後ともあたたかい心でペ・ヨンジュンの快復を見守っていただけますよう、お願い申しあげます。

日一日と寒くなってまいりますので、家族の皆様におかれましてもお元気で素敵な日々を送ってください。
[PR]
by norikoiida | 2009-10-30 18:46 | ペ・ヨンジュン

東亜日報10/30☆[コリアン ジオグラフィック]‘ヨン様’が提案した2泊3日



*BYJ韓国公式より  2009/10/30


(自動翻訳機)

59869 [コリアン ジオグラフィック]‘ヨン様’が提案した2泊3日  秋女8:35:20 34

[コリアン ジオグラフィック]‘ヨン様’が提案した2泊3日 東亜日報原文記事転送2009-10-30 03:31

[東亜日報]

◇旅行日程▽初日:ソウル~昼食(ハンバンボサム)~埋葬地方(景気(競技)酷評)~ソク式(山菜正式)~白潭寺(ペクタムサ)マネマウル(今)宿泊▽二番目の日:江原(カンウォン)

今~書誌の村(ソジチョガトゥル・昼食)~船橋荘(ソンギョジャン)(以上江陵(カンヌン))~東海岸~束草(ソクチョ)~弥矢嶺(ミシリョン)~白潭寺(ペクタムサ)テムプルステイ(宿泊) ▽三番目の日:白潭寺(ペクタムサ)

テムプルステイ~昼食(黄苔正式)~ソウル

“それは‘絶対信頼’のある表現だ。 なぜなら誰かの足跡を探して離れる旅行という(のは)有史以来聖地巡礼他にはほとんど見たことがないためだ。“

最近日本で販売開始17時間ぶりに予約が満了したというある韓国旅行商品消息を聞く瞬間脳裏をかすめて過ぎ去った考えの一部だ。 それは日本人対象韓国文化体験専門旅行会社のキトゥコリア(www.key2korea.com)が電話で予約を受けた‘韓国の美しさを探して離れた旅行’という(のは)ソウル旅行パッケージ(2泊3日). 価格も侮れない。 日本お金で14万8500円,私たちのお金(10月23日基準)では約193万7925ウォンだ。 一日64万6000ウォン格好で普通商品の2~5倍もなる高価だ。

‘韓国の…’という韓流スターペ・ヨンジュンが直接使って撮影した文と写真を彼が所有した企業キーイーストがハングルと日本語で各々出した428ページ韓国旅行案内書. ハングル版5万部,日本語版6万部を印刷して販売していみな。 事実本を読む前だけでもこの本の旅行地を探すツアーパッケージの爆発的人気をペ・ヨンジュンの有名税とだけで片付けていた。 だが本を読んだ後には考えを変えた。 このツアーになぜ日本女性ファンらがそのように魅了されたかを理解するからだ。 そして日本女性ファンにその程度支出は惜しくないこともあるという考えもすることになった。

いったいこの旅行商品の‘それ位の価値’は果たしてどこからきたことだろうか。 それはペ・ヨンジュンというスターの価値,それだった。 それは彼のファン(パン)が死んでがまんできない礼儀その‘多情多感’と‘深い思いやり’であるが旅行地に対する感想記と彼が会った妻の父との対話の中にそっくり溶け合っていた。 そうするうちに‘ふうノーソナタ’(ドラマ‘冬のソナタ’の日本語の題名)以後彼の感性を感じるまた他の通路を探せなかった日本女性ファンが本とツアーに熱狂するのは当然の事. ヨン様の心が溶けている本の中旅行地を探すツアーがまた他の形態のふゆのソナタ撮影地検索旅行で近寄ったためだ。

私はその本を読んで,彼が会った妻の父が打ち明けた後日談を通じておこうとしたのが一つある。 ペ・ヨンジュンが見せた驚くべき親和力だ。 彼は本作り作業途中会った皆と家族になったようだ。 彼らもペ・ヨンジュンを家族のように抱いたし。 大部分はペ・ヨンジュンと一面識もなかった。 だが共にした短い時間,彼らはある家族のような感じだったと話す。 そしてそのような信頼は一生を捧げて守ってきた妻の父の人生の価値と情熱を尊重して習おうとするペ・ヨンジュンの努力のおかげだった。

家族愛. これはペ・ヨンジュンが後続ドラマや映画も別段なしで大人気を維持する理由を理解するのに最も重要なコードだ。 日本の女性,特に50,60代女性がペ・ヨンジュンにそのように熱狂する理由。 この質問に‘韓国の…’本を企画したキーイーストの利子ウン氏(事業開発チーム)はこのように答えた。

“その世代日本女性ならば誰でも本当に切実に望む,だが日本社会では無視されてまたとうてい満たしてくれることはできない,かすかな過去の思い出の美しい感性を‘ふうノーソナタ’というドラマがそして主人公ペ・ヨンジュン氏が見せたためだと見ます。”こういう返事と共に彼女は“ドラマ以後にも消えないその人気の核心はペ・ヨンジュン氏がいつもファンたちに対する時見せた‘家族’という暖かい感性”と付け加えた。

今ヨン様と日本女性ファンをつなぐひもは‘家族の連帯感’だ。 キーイーストの分析のとおりならば日本の女性ファンもやはりペ・ヨンジュンを家族のように対する。 スターに関する情報を有料会員にだけ独占提供する閉鎖的な文化のファンクラブを置かないで不特定多数のファン(パン)に安らかに近寄る処理方式も家族の連帯感を重視するペ・ヨンジュンの選択だった。

本‘韓国の…’に登場する妻の父と名人やはり彼には家族だった。 そしてこの本とこの本内容を土台にした旅行を通じて韓国と日本,両国も新しい家族の連帯感を味わうことにならないか期待される。 36年日帝強制占領の辛い歴史を踏んで東北アジアの盟主として,また善隣隣で背伸びしようとする両国間にたとえながくはなかったがこういう家族的連帯感が生き返り始めたとすれば明らかにそれは両国未来に大きな歩みに違いない。 それで私はこの本が,いやこの旅行商品が特別な意味を持つと見る。

先週私はこの本に登場する限り妻の父の作業室と300年間代々江陵(カンヌン)に住んできたある終値を訪ねて行って征夷たっぷり入れられた家庭食料理を味わう‘韓国の美しさを探して離れた旅行’を取材した。 この旅行やはりまもなく商品化されて日本で販売される予定なのに私たちにも良い旅行ルートになるようで紹介する。

▼韓国の伝統守る妻の父らを探して…▼

ペ・ヨンジュンが使った‘韓国の美しさを探して離れた旅行’には梅の実農園のホンサンニ女史(梅の実名人)等11人の妻の父が登場する。 本プランナーに尋ねた。 旅行の本にあえて人を登場させた理由が何か。 返事はこうした。 真の韓国の美しさという(のは)私たちの伝統を守って発展させる人の心にあるので(に)….

旅行商品も同じだ。 その妻の父を探して離れる。 3億ウォン分も売れたというキトゥコリアの初めての商品を見よう。 風呂敷アーティスト イ・ヒョジェ氏が主人公だ。 彼女の家を訪ねて行って談笑する。 彼女の作品と伝統美あふれる家,彼女を通じて韓国の美を見回す。 その次にはソウル,嘉会洞(カフェドン)の韓屋村(ハノク マウル)を散歩して国立中央博物館に立ち寄る。 ペ・ヨンジュンが韓国を代表するイメージと紹介した金銅弥勒菩薩半跏思惟像(国宝第78号),彼が(ほれる)反したと告白した百済金銅大香炉(国宝第287号)がある。

先週キトゥコリアが準備中の二番目旅行商品の答辞(踏査)に参加した。 日本の二余行事幹部も参加した。 初めての寄着地は景気(競技)酷評の閑静な村. 韓紙長のチャン・ヨンフン翁(76・京畿道(キョンギド)無形文化財第16号支障)が三男と一緒に3代目伝統かを作る‘埋葬地方’を探した。

チャン翁は聴力低下で直接対話するが難しかった。 しかし止痛に足を漬けて前後両側で紙を浮かび上がる物質だけは円熟した。 チャン翁は自身を訪ねてきたペ・ヨンジュンをその時も今でも知らない。 だが‘千年が過ぎても変わらない’寒地に魅了されて紙浮かび上がることを習ったあるハンサムな若者の熱意だけは記憶した。 埋葬地方には広い体験室がある。 それで誰でも書冊構成することとチ・コンイェを習うことができる。

翌日は江陵(カンヌン)へ向かった。 本に登場した書誌の村を探すからだ。 松と竹が成し遂げた森を背を向けて論家に席を占めた300年昌寧(チャンニョン)チョ氏終値お宅がある所だ。 船橋荘(ソンギョジャン)とは隣だ。 こちらを探した理由. 宗家の母が準備する伝統食卓の家庭食料理を味わうためになのに韓国式家屋食堂‘ソジチョガトゥル’がそちらだ。

食堂は本家と三十歩通り(距離). 一行は先に古屋のサランチェ(舎廊棟)へ向かった。 私たちが探したおばあさんは日が差した縁側の広間にいらっしゃった。 ペ・ヨンジュンが本で‘一生ただ3度だけ外出した’と書いた宗家の母の姑だった。 このお宅は八十の姑も,六旬の宗家の母も全部御輿(窯)乗って嫁にきた。 食べ物は嫁から嫁で相続されたし今はソジチョガトゥルで味を見せる。

“某ご飯は隣り合った親戚どうし助け合いに帰って田植えする時お昼に出した食事です。”宗家の母チェ・ヤン間種(62)は初めて某ご飯出した新婦時期当時農軍の美しいトゥレプンソクを20余分間香ばしい昔話で解きほぐした。 某ご飯と終値の祭事食べ物を混ぜて整えたこの日商業銀行すごかった。 シジョンジトクに花びらあげた和戦,シンソルロに魚(開く)焼き,嘉酒の松竹ホトトギス主(州,株)まで…. 終値の気品が漂った立派な食膳だった。

初日宿舎は江原(カンウォン),麟蹄(インジェ)の白潭寺(ペクタムサ)マネマウル. 作家の執筆空間で用意した家族ホテル‘文人の家’だった。 夕食場所は山菜と黄苔をあまねく味見える土俗おいしい店‘白潭(ペクタム)’. 食後には美女マジシャン ノ・ビョンウク氏の魔術ショーを見て埋葬地方寒地で作ったカード魔術も習った。

今回の旅行の白眉はテムプルステイ. ペ・ヨンジュンの本には五台山(オデサン),月精寺(ウォルジョンサ)が登場するがツアーでは雪岳山(ソラクサン),白潭寺(ペクタムサ)を探す。 至難冬ペ・ヨンジュンが休息車(茶)泊まった所で当時感じた平和な山寺の記憶のためにこちらを選択したといった。

二番目の日午後一行が到着するやテムプルステイ運営者の尼僧真墨僧侶が歓迎した。 初めての順序は夕方供養. 一行は広いオンドル部屋に丸太を掘りおこした旧詩筒咸池パクを囲んで座った。 その中(案)に含まれたことはナムルピビンパ. 木しゃもじでピビンパをくんで各自器に入れる。 寺のピビンパは‘君と私の和合’を象徴するという僧侶お言葉. テムプルステイの咸池パク ピビンパは韓日両国の和合を祈る意味にも映った。

食後には茶薫瞑想が続いた。 陶磁器に車(茶)を入れてお湯を注いだ後クルッに顔をうずめて頭をタオルで覆った状態で茶の水の水蒸気を浴びて20分間意識の流れを調節する瞑想法だ。 翌日には明け方3時度量席の木魚声を聞いて起きて事物の響きを筆頭に始まった山寺の明け方例火に参加する。 足右供養で朝食事をしては白潭寺(ペクタムサ)渓谷の森の道と物価を散歩して木の葉腹(船,梨)も浮かした。 レンゲ作り体験も印象的だ。

チョ・ソンハ記者summer@donga.com
[PR]
by norikoiida | 2009-10-30 10:14 | ペ・ヨンジュン

日記20091028-29*再び、国立の日常生活へ♪



2009年10月28〜29日 (水,木) はれ


東京ドームイベントから、はや1ヶ月ですね。

昨日のことのような、もう、ずっと昔のことのような....uu*

思い出すと再び、ボ〜っと夢心地になってしまいます...^^*



夏からの引っ越し、2度のソウル行き、ぺ・ヨンジュン来日と慌ただしい日々でしたが、やぅっと、国立の日常生活が戻ってきました!

秋晴れのよい天気につられ、昨日(10/28)は朝から大学通りをゆっくりお散歩しました。

気がつけば、紅葉はまだですが、木々の葉にも秋の風情が...^^*


d0086230_8104731.jpg



エスニックのブティックや焼き物店などで、少し目の保養をして、野の花を一輪、つんで帰りました♪




今日は再び、韓国語教室です。

先週、先生に「韓国の美をたどる旅」の韓国語版をお貸ししたので、その感想を聞くのが楽しみです♪

夜からは、ソ・ジソブの舞台挨拶の取材です♪

気がつけば、韓流スターが次々に来日しているのでした....^^;

わたしはといえば、「韓国の美をたどる旅」の時間のなかに、すっぽりとはまってしまった感じです....uu*

韓国語のマスターも急務ですが、長〜い道のりだわ...と、ため息ばかり....^^;
[PR]
by norikoiida | 2009-10-29 08:12 | 日記

innolife10/28☆読書が好きそうな芸能人は?



本を優しく読んでくれそうな男女芸能人を調査した結果、映画女優{スエ}(67.5%/746人)と{ペ・ヨンジュン}(43.9%/486人)が1位だそうです^^*

「韓国の美をたどる旅」をぺ・ヨンジュンが優しく読んでくれたら、もう最高ですね^^*

そんなCDがあったら、即買いです♪


バラ☆花霞
d0086230_18174370.jpg



*innolife 2009/10/28(Wed) 15:06
読書が好きそうな芸能人は?


普段本をたくさん読みそうな男女芸能人に、タレント{イ・ヨンエ}と放送人キム・ジェドンが選ばれた。

イ・ヨンエとキム・ジェドンは、教育企業 eduwillが、7日から25日まで文化公演イベントに参加した会員1106人を対象に「心の糧を育もう」というタイトルアンケート調査を実施した結果、「普段本をたくさん読みそうな男女芸能人」に選ばれた。

女性部門でイ・ヨンエは29.7%(328人)の支持を獲得、引き続き{ムン・グニョン}が25.1%(278人)で後に続いた。そして{ク・ヘソン}が19.3%(213人)だった。また最近ドラマ『{アイリス}』でカムバックした{キム・テヒ}は15.0%(166人)、{キム・ヘス}は10.9%(121人)だった。

“語録”まで作り出すほど弁舌が卓越したキム・ジェドンは、56.8%(628人)を獲得して、1位になった。続いてタブロは17.4%(192人)、ユ・ジェソク12.2%(135人)、アレックスと{チャン・ドンゴン}は各々6.9%(76人)と6.7%(75人)の順だった。

一方本を優しく読んでくれそうな男女芸能人を調査した結果、映画女優{スエ}(67.5%/746人)と{ペ・ヨンジュン}(43.9%/486人)が1位に選ばれた。
[PR]
by norikoiida | 2009-10-28 18:12 | ペ・ヨンジュン

聯合ニュース10/28☆春川市(チュンチョンシ),'チュンサンの家'撤去.公園化検討



ソウルのユジンの家も、もう取り壊されたとのことですが、今度はチュンサンの家が....^^;

ロケ地の観光化というのもなかなか難しいですね^^;



*聯合ニュース  記事入力2009-10-28 11:44 |最終修正2009-10-28 12:57
春川市(チュンチョンシ),'チュンサンの家'撤去.公園化検討

(自動翻訳機)

(春川(チュンチョン)=聯合ニュース)イ・サンハク記者

ドラマ'冬のソナタ'撮影地の江原道(カンウォンド),春川市(チュンチョンシ)牛養老'チュンサンの家'が撤去されたり公園化する展望だ。

d0086230_18435065.jpg



28日春川市(チュンチョンシ)によれば冬のソナタ韓流熱風で有名観光コースであったチュンサンの家がこの一帯(5万㎡)が再建築地区と指定されて撤去や公園化対象に検討されている。

ドラマ冬のソナタでカン・チュンサン(ペ・ヨンジュンの方)の春川市(チュンチョンシ)節を撮影したこちらはドラマが日本に放送された後2004年6月から多くて一日500余人ずつ探すなど毎日数百人余りが訪ねてきて大変なにぎわいを成し遂げた。

当時春川市(チュンチョンシ)はチュンサンの家を観光名所化しなければならないという世論により数億ウォンをかけて買いとる問題を一時検討したが,家主と協議にならなくて失敗した。

以後韓流熱風が弱まってチュンサンの家は一日20~30人が探す所に転落,閑散としている姿を見せている。

これに伴い春川市(チュンチョンシ)は昨年8月ジュンサンの家を含んだこの一帯素養3地区を再建築地区で指定したし今年の末まで促進計画決定告示が出てき次第来年から事業者を選定,本格的な事業を展開するという計画だ。

春川市(チュンチョンシ)はチュンサンの家が観光名所だっただけに公園地区で指定して存続させて公園化する方案などを検討している。

だが再建築にともなう補償協議に難航が予想されるところに最近経済難で事業者選定にも困難があって早くとも2011年から事業施行が可能なものと見られる。

春川市(チュンチョンシ)関係者は"韓流熱風が吹いた当時だけでもチュンサンの家が日本観光客に大人気を呼んだが最近足がまばらな状態"として"チュンサンの家一代(一帯)を公園化する方案に対して組合側,家主と協議する予定"と話した。

hak@yna.co.kr
[PR]
by norikoiida | 2009-10-28 17:35 | ペ・ヨンジュン

BYj韓国公式10/27☆公知より☆ペ・ヨンジュンの健康回復



*BYJ韓国公式  BOF公知より  2009/10/27


(自動翻訳機)

家族皆さんに[21] BOF 2009-10-27 292

こんにちは,BOFです。

冷たくなったために(風に)襟を整えながらもきれいに染まった紅葉に寛容な微笑が咲くこの頃です。
家族皆さん全部豊かな秋送っておられますか。

他でもありませんがペ・ヨンジュン氏が日本から帰国した後健康に対して心配して心配している家族の方らが多いので公示を通じて申し上げようとします。

ペ・ヨンジュン氏は日本で帰ってきて病院での指示により十分に休息を取って治療を受けています。

家族皆さんのおかげで幸いにもたくさん好転して前よりはるかに健康なことは姿です。

この頃ははやい健康回復のために少しずつ運動も併行していて,予定されていたスケジュールも少しずつ消化して過ごしています。

今後も健康を完全に回復する時まで本人はもちろんで私どもも共に最善を尽くして努力します。

意外に多くの家族方々に心配させることになって申し訳ない心が先んじます。

今後も暖かい関心でペ・ヨンジュン氏の快癒を見守って下さるように願って,寒くなった天気に家族方々も全部健康留意して活気に満ちるように送って下さい。

ありがとうございます。

BOF拝


バラ☆ブライダルピンク
d0086230_10225981.jpg

[PR]
by norikoiida | 2009-10-28 10:08 | ペ・ヨンジュン

スポーツ韓国10/28☆やはりヨン様!… '本旅行商品'完勝



*BYj韓国公式より  2009/10/28

(自動翻訳機)

59837 [スポーツ韓国]やはりヨン様!… '本旅行商品'完勝は 秋女7:34:19 27

やはりヨン様!… '本旅行商品'ワン時スポーツ韓国   原文記事転送2009-10-28 06:46

ペ・ヨンジュン'閑雅研'関連ツアー売り切れ

俳優ペ・ヨンジュンが使った<韓国の美しさを探して離れた旅行>(以下閑雅で)を基盤とした旅行商品が'完勝は'を記録した。

ペ・ヨンジュンが大株主であるキーイーストと関連したキトゥコリアは日本人観光客を対象にした観光商品4種類を出した。 11月初めから始まる2泊3日日程のこの旅行商品は早目に売り切れてペ・ヨンジュンと<閑雅で>の人気を実感させた。 キーイースト関係者は"15~20人の小グループを設けてコース別に数回進行される。 韓国の伝統文化を知らせて外貨稼ぎに大きい役割をするだろう"と話した。

今回の旅行商品には韓服体験,陶磁器焼くこと,テンプル ステーなどが含まれる。 <ハナヨ>に登場する陶芸家チョン・ハンボン先生と韓服デザイナーイ・ヒョジェ先生など妻の父が旅行期間中直接日本人観光客と会って韓国の美を伝播する。 この関係者は"チョン・ハンボン,イ・ヒョジェ先生が今回の旅行商品の趣旨を聞いて直接参加する意向を明らかにした。 白潭寺(ペクタムサ)で進行されるテンプル ステーもある。 単純に食べて楽しむ次元の旅行でなく韓国伝統文化体験に目的がある"と明らかにした。

ペ・ヨンジュンは今回の旅行商品と関連した前面に出ない。 ペ・ヨンジュンを見るための旅行に転落することを避けるためだ。 ペ・ヨンジュン側は"純粋に<ハナヨ>に含まれた韓国文化を体験して遺跡地を訪問する旅行商品だ。 このような内容を事前に観光客らに十分に説明した"と話した。

アン・ジンヨン記者realyong@sportshankook.co.kr
[PR]
by norikoiida | 2009-10-28 10:01 | ペ・ヨンジュン

朝鮮日報10/27☆足がまひ状態のイ・ジア、日本で休養



ジアちゃんもお疲れですね。ゆっくり、休養して早く良くなって欲しいです^^*


*朝鮮日報   2009/10/27 18:36:10
足がまひ状態のイ・ジア、日本で休養


 女優イ・ジアは足がまひ状態となり、すべての芸能活動を中止し、日本で休息を取ることにした。

 イ・ジアの所属事務所側は27日、「9月に最終回を迎えたドラマ『スタイル』(SBS)の撮影中から、足の感覚が鈍くなるなどの症状があり、治療を受けてきたが、なかなか好転しないため、すべての芸能活動を中止し、安静を取ることにした」と語った。

 イ・ジアの足の症状は、過労とストレスが引き起こしたものとみられる。病院側は無理をせず、十分な休息を取ることを勧めている。

 しかしイ・ジアは、22日に行われた「東京ドラマフェスティバル」で、ドラマ『ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー』(MBS)が海外ドラマ特別賞を受賞したことにより、イ・ジェギュ・プロデューサーとともに、同フェスティバル出席のため日本を訪問した。その後、足のまひ症状がさらに悪化し、27日に予定されているテレシネマ『顔と心と愛の関係』の制作報告会にも参加できなくなった。

 所属事務所側は26日、イ・ジアの制作報告会への欠席が決まったことを発表し、現在イ・ジアは日本で休息を取っている。

イ・ジンホ記者

スポーツ朝鮮/朝鮮日報日本語版
[PR]
by norikoiida | 2009-10-28 09:50 | 韓流スター

メディアブッダ10/2☆韓国の美しさを探しに出た'ヨン様'山寺の静まり返っていた風景にすっかりはまる



*メディアブッダ  2009/10/02
韓国の美しさを探しに出た'ヨン様'山寺の静まり返っていた風景にすっかりはまる

(自動翻訳機)

ペ・ヨンジュンの『韓国の美しさを探して離れた旅行』庵-寺の跡地-遂行処探して仏教文化真髄'体験'



普段知り合ってつきあったパク・ドンチュン先生から今年の初め電話がきた。 この前ペ・ヨンジュンが訪ねてきたと。 できたことだけ遵守したと思ったが,行動が節度(窃盗)あって礼儀正しいうえに,話を交わしてみるととても性格になった未婚の男性という称賛が続いた。

ペ・ヨンジュンが先生を訪ねて行った理由のすなわち,韓国の真の美しさを世界に知らせたくて本を書いているということだった。 外国に行ってインタビューをする時ごとに韓国に対して紹介してくれという質問を受けるのに,この立派な未婚の男性はその時ごとに韓国に対してあまりにも無知な自身が恥ずかしかったという。

それからずっと十月を待ったあげく彼の本が出てきたという便りが聞こえてきた。 『韓国の美しさを探して離れた旅行』. 本の体積や内容が予想よりはるかに厚かった。 自ら水しなりがなくて尋ね歩いて,写真を取って,一人で原稿を書いて完成したというその本には韓国の文化の深い味が鋭く切っていた。

キムチと韓服,陶磁器,ハングルと世宗大王(セジョンデワン),伝統酒と風流,国立中央博物館と景福宮(キョンボックン),天上列車分野地図まで韓国伝統の味と,米,精神世界をのがさないで胆気のために努めた姿がまざまざあらわれる。


d0086230_9474975.jpg

私たちの立派な韓流スターは仏教文化に対する体験も漏らさなかった。

“私はたとえ他の宗教(天主教)を持っているが韓国の査察がその長久な歳月の間どのように数多くの文化財を排出して共同体を維持できたのかいつも気になった。 事実韓国文化で仏教的色彩を除くということは核心を抜いたその残りだけを論じるようだと考えてきた。”

それで彼が訪問した山寺は銀海寺(ウネサ)の付属庵の百ふん癌. 尼僧船員がいる所だ。 一年にただ一日,仏様の誕生日にだけ開放される特別な度量も,韓流スターペ・ヨンジュンの微笑には消えうせた。 美しさを投げ出さないでそれなり全て受け入れることが善意精神とか,美しい青年をとても投げ出すことが出来ない尼僧僧侶らに対する苛酷な評価はおりなかったりもしよう。

とにかくペ・ヨンジュンはこちらのチャンドクテ(味噌瓶置き場)をのぞき込んで査察食べ物を味わって,釜から出たおこげをおやつみなしたり,さつまいもを食べてソン院長僧侶と談笑を分けることもした。


d0086230_9483134.jpg

百ふん癌チャンドクテ(味噌瓶置き場)をとっているペ・ヨンジュン

ペ・ヨンジュンは引き続きまた他の銀海寺(ウネサ)山内庵の韻符岩で引き返した。 歴代高僧らが排出された有名な船員がいる所だ。 ペ・ヨンジュンが紹介したところは韻符岩の海牛所. まだ古い方式をそのまま守っている所なのに,おもしろいのは僧侶でない一般人用解説物は別に区分してそのまま捨てるという点だ。 インスタント食べ物をたくさん食べたからなのか毒素が多くて栄養がなくて堆肥で使うので(に)適していないということが理由であった。 こちらの風景を見てペ・ヨンジュンは次のような風を伝える。

“こちらだけは風情の景色があって美しい過去の粋に手を付けないでよく守ることだと強い意志を見せられたソン院長僧侶の風がそのまま成り立つように祈る。 パッと開いた全景に鏡のような池,朝ならば黄金色で光るイチョウもいつまでも保存されるように願う心だ。”

ペ・ヨンジュンはここで終わらないで引き続き月精寺(ウォルジョンサ)でテムプルステイを体験して,忠州(チュンジュ)石鐘社のへグク僧侶を探した。 焼身供養で親指だけ残して全部泰運へグク僧侶の右手が彼の目に非常に印象的だったようだ。

“学生時代に読んだキム・ドンリの<等身仏>は私にそれほど同感しなかったんです。 ところで実際に目の前で大きい僧侶の連比した手を見て,また大きい僧侶が聞かせられた前世の師匠との縁,単独で山で遂行して死んでよみがえった超人的な話を聞くと,あたかも説話の中に入ってきているような錯覚を起こして頭がしばらく戸惑うことさえした。 査察には国宝や宝物と指定されて人々の好奇心を刺激する由来した遺物だけあるのではない。 ひとりの立派な人材を養成するためにすべてのものがある。 そのような生きている人がややもするとそのまま死んでいることもできる建物や組閣(彫刻)に活気を吹き込むことだ。 有名人になるのに先立ち真の文化人になれと頼みこまれた大きい僧侶のお言葉を胸に深く刻む。”

ペ・ヨンジュンは続いて話す。

“良い車(茶)を優遇されて単独で軽い散歩に出る。 査察には休息がある。 人生の省察がある。 自身を鞭打ちして進む遂行がある。 文化があって伝統がある。 車(差,茶)があって食べ物がある。 建築があって遺物があって,何より話がある。 それらがただ静まっているのではなく,皆生きてうごめいていた。 静中動,山寺の静けさの中の動きだ。”

彼は引き返してパク・ドンチュン先生の茶室で茶を飲みに行った。 どこで噂を聞いたのか草衣差の系統を引継いで韓国伝統茶の命脈を生き返らせた人が東アジア車のドアー花宴旧ソ パク・ドンチュン先生という話を聞いたためとのことだ。

350度グラグラ沸く御輿(窯)に手ぶらで車(茶)を炒めて此人としての実直さを全身で守って生きていくパク・ドンチュン先生の姿にペ・ヨンジュンは非常に感動を受けたようにする。 一ヶ月の後,またパク・ドンチュン先生を探して金泉(キムチョン)チョンアム社で育ててきた水で初物の茶を飲む時間を持った。


d0086230_949722.jpg

パク・ドンチュン先生とペ・ヨンジュン

“茶缶にお湯が入るや一月前車(茶)を炒める時に帰ったように茶香が部屋中を香ばしく満たす。 きれいで涼しい気勢. 三番茶の感じはそうであった。 初めての水差がイェリコさわやかで淡泊だったとすれば,三番茶はもう少し大人っぽく豊富で幅が広かった。”

ペ・ヨンジュンの話は後退りするほどはるかに深さを増す。 多分真の美しさを追求するこれらに会って話をして,写真を撮って文を書いて自らの目(雪)と心がより一層開かれたためであろう。

ペ・ヨンジュンは引き続き古くなった寺の跡地らを探した。 慶州(競走,傾注),黄龍寺(ファンニョンサ)跡と益山(イクサン),弥勒寺(ミルクサ)跡. 日が沈む黄龍寺(ファンニョンサ)跡に古くなった木のように立っているペ・ヨンジュンの姿が韓国服装の絵のように美しい。

“荒野に立っている木ひと株に近付いた。 巨大な魂と遺物があったこちらに,もう遺物は消えて魂だけ飛び交って孤独な木に寄り添っているようだ。 ある新羅人と私は恐らく同じ風景を眺めただろう。 新羅人が仏国(プルグク)征討を夢見てそちらを巨大な構造物で満たしたとすれば私は何でこちらを満たさなければならないだろうか。”


韓流スターのこういう独白を聞いていていたら,彼の1年間の余情(旅行日程)が大変有難く感じられた。 その間あるスターが韓国の文化を習うために自ら弟子になることを自ら要望したし,どの有名人が私たちの文化を知らせるためにこのように裸足で出たのか。


d0086230_95036.jpg



本を閉じたらこの本を読んだ日本人たちが,そして外国の多くの人々が韓国の仏教をどのように感じたかとても気がかりだった。 少なくともこの本を読んだこれらは,韓国の文化が中国と日本の間に挟まった我流みなか,韓国人らがスピードだけ強調する開発途上国の深くない魂とは話すことができないだろう。

それだけでも私たちはこの立派な青年に大変大きな喝采を送るべきではないだろうか。

ネチズンが作る征討


http://www.mediabuddha.net/detail.php?number=4361&thread=23r02
[PR]
by norikoiida | 2009-10-28 09:36 | ペ・ヨンジュン