カテゴリ:韓流スター( 194 )

日記*20110711*東日本大震災から4ヶ月目

*2011/07/11(月)   東京 はれ   33℃


お昼過ぎに東京に戻りましたが、国立駅に降り立つと、こちらも猛暑で33℃。

カーテンを閉め切った部屋のほうが涼しく感じるほどでした....^^;

田舎のホームセンターで買った遮光シートをベランダにつるし、扇風機とアイスノンで頑張ってます!




今日は大震災から4ヶ月目。まだ、あちこちで余震が続いてます。

警視庁によれば、11日現在、地震・津波による死者は1万5550人で、警察に届け出があった行方不明者は5344人。厚生労働省によれば、全国から集まった義援金は、8日現在で、日本赤十字社と中央共同募金会を合わせて2953億円。被災者の下に届けられたのは、震災から4か月がたっても、およそ670億円と全体の23%。

福島原発の汚染水浄化システムもトラブル続き。4ヶ月たっても見通しは暗く、お茶、牛肉などの食品や下水汚泥のセシウム汚染が連日のニュース。セシウム汚染への不安がつのります。



バラ☆ホールズヒマラヤン ムスク ランブラー      1916 英 ポール
d0086230_19101514.jpg




*今日の原発事故ニュース↓

More
[PR]
by norikoiida | 2011-07-11 23:11 | 韓流スター

R.I.P. ☆ Park Yong Ha .... 追悼 ☆ パク・ヨンハ (You Tube♪ 94曲)





2010年6月30日にヨンハが亡くなってから、今日(10/7)で100日が経ちました。

追悼の気持ちを込めて、毎日、ヨンハの歌をYou Tube♪で探しアップしてきました。

約3ヶ月でその数は94曲となりました♪

いつでも、ヨンハの素敵な歌声が聴けるようにリストにまとめてみました。

ほんとうに、ヨンハはたくさんの素晴らしい歌を残してくれましたね!

ヨンハ .... お疲れさまでした。そして、どうもありがとう....uu*


d0086230_82988.jpg


☆*


6/30......01 ☆ Truth ♪
7/01......02 ☆ カジマセヨ ♪
7/02......03 ☆ メイメモリー ♪
7/03......04 ☆ 期別 ♪
7/04......05 ☆ 初めて出逢った日のように ♪
7/05......06 ☆ 瞳をとじて ♪
7/06......07 ☆ Behind Love~片思い ♪
7/07......08 ☆  永遠 ♪
7/08......09 ☆ 最愛のひと ♪
7/09......10 ☆ Stars ♪
7/10......11☆ if ♪
7/11......12 ☆ monologue ♪
7/12......13 ☆  La La La Love Song ♪
7/13......14 ☆ ワインレッドの心 ♪
7/14......15 ☆ Birds in your cage ♪
7/15......16 ☆ 朝の陽ざしに君がいて ♪
7/16......17 ☆ 震える愛 ♪
7/17......18 ☆ Only Love ♪
7/18......7/09と同じ (10 ☆ Stars ♪)
7/19......19 ☆ ONE LOVE~笑顔であふれるように~ ♪
7/20......20 ☆ とぎれないFilm ♪

7/21......21 ☆ 夏のカケラ ♪
7/22......22 ☆ だから ごめんね ♪
7/23......23 ☆ 夏の予感 ♪
7/24......24 ☆ Fiction ♪
7/25......25 ☆ 時間をまた戻しても ♪
7/26......26 ☆ I love you so much ♪
7/27......27 ☆  今日 ♪
7/28......28 ☆ Just feel ♪
7/29......29 ☆ 後悔 ♪
7/30......30 ☆ ほゝえみをあげよう ♪
7/31......31 ☆ 許されない愛 ♪
8/01......32 ☆ Dear Love ♪
8/02......33 ☆ Sweet Home ♪
8/03......34 ☆ 夏のクラクション ♪
8/04......35 ☆ 砂浜letters ♪
8/05......36 ☆ 24時間 ♪
8/06......37 ☆ 愛してるなんて言えない ♪
8/07......38 ☆ やっぱり君がスキ ♪
8/08......39 ☆ Run ♪
8/09......40 ☆ 永遠に君を愛して ♪

8/10......41 ☆ WHY ♪
8/11......42 ☆ 信じた言葉 ♪
8/12......43 ☆ キラキラ ♪
8/13......44 ☆ どれだけ僕はそばにいますか ♪
8/14......45 ☆ 戻っておいで ごめんよ ♪
8/15......46 ☆ 残像 ♪
8/16......47 ☆ Under Cover ♪
8/17......48 ☆ Signal ♪
8/18......49 ☆ 君におくる愛のうた ♪
8/19......50 ☆ 君が最高 ! ♪
8/20......51 ☆ friend ♪
8/21......52 ☆ じれったい ♪
8/22......53 ☆ Last song ♪
8/23......54 ☆ So far away ♪
8/24......55 ☆ 心の殻 ♪
8/25......56 ☆ Iron Weed ♪
8/26......57 ☆ 僕の頁をめくれば ♪
8/27......58 ☆ 幸せの訪れ ♪
8/28......59 ☆ ずっと君と僕と・・・♪
8/29......60 ☆ 最初から今まで ♪

8/30......61 ☆ 晴レルヤ ♪
8/31......62 ☆ 愛という地図 ♪
9/01......63 ☆ TOMORROW ♪
9/02......64 ☆ Say Goodbye ♪
9/03......65 ☆ Candlewick ♪
9/04......66 ☆ Promise ♪
9/05......67 ☆ Holiday ♪
9/06......68 Nobody knows ♪
9/07......69 ☆ JOY ♪
9/08......70 ☆ 紫陽花 ♪
9/09......71 ☆ 心ほどいて ♪
9/10......72 ☆ Ready Go Lady Go ♪
9/11......73 ☆ Miracle ♪
9/12......74 ☆ 1秒先の未来 ♪
9/13......75 ☆ Alone ♪
9/14......76 ☆ 終わらない旅 ♪
9/15......77 ☆ ハーモニー ♪
9/16......78 ☆ 今日 ♪
9/17......79 ☆ Money ♪
9/18......80 ☆ Distance ♪

9/19......81 ☆ Don't give it up ♪
9/20......82 ☆ 誰よりも ♪
9/21......83 ☆ Blue ♪
9/22......84 ☆ Love is gone  ♪
9/23......85 ☆ a song for you ♪
9/24......86 ☆ 12月の空 ♪
9/25......87 ☆ かけがえのな人 ♪
9/26......88 ☆ girl  ♪
9/27......89 ☆ Hippy Hippy Shake ♪
9/28......90 ☆ 僕のための慰め ♪
9/29......91 ☆  Just the two of us ♪
9/30......92 ☆ My memory ♪ 
10/01....93 ☆  Close ♪
10/02....94 ☆ 愛するひとへ ♪


(You Yube♪で、見つからなかった曲↓)

95 ☆ そうだね愛は
96 ☆ 知らない話




2009/11/08の「パク・ヨンハ5周年記念イベント」で、これまで113曲を歌ってきたといっていたと思いますが、これに、最後のアルバム「STARS」の12曲を加えると、少なくとも125曲になりますね〜^^*

そのうち、You Tube♪で見つけることができたのは、上記の94曲でした♪

あとは、韓国語の歌なのでしょうか〜!?

また、見つけたら追加したいと思います。

今回初めて聴いた曲もたくさんありましたが、素敵な歌がたくさんあります♪

ヨンハは俳優だけでなく、歌手としてもほんとうによく頑張ってきたのですね〜!

曲も素敵ですが、なによりわたしが魅かれるのは、ヨンハの甘い歌声です^^*

その歌声をもう二度とステージで聴けないのは、ほんとうに残念です^^;
[PR]
by norikoiida | 2010-10-07 23:30 | 韓流スター

朝鮮日報1/20☆移籍:ナ・ヘミがキーイーストと専属契約




*朝鮮日報  2010/01/20 08:25:04
移籍:ナ・ヘミがキーイーストと専属契約


 女優ナ・ヘミがペ・ヨンジュン、イ・ナヨン、チェ・ガンヒらと同じ事務所に移籍した。

 19日、キーイースト側はナ・ヘミがキーイーストと専属契約を結び、本格的な女優活動を展開すると発表。

 ナ・ヘミは2001年、キム・ギドク監督の映画『受取人不明』でスクリーンデビュー。その後、『オーバー・ザ・レインボー』『思い切りハイキック』(ともにMBC)などに出演している。

 キーイースト側は「ナ・ヘミは演技に対する情熱があふれている新人」とし、「その情熱を肥やしにし、きちんと段階を踏んで、素晴らしい女優に成長できるよう、ともに努力していく」と伝えた。

 キーイーストにはペ・ヨンジュン、イ・ナヨン、チェ・ガンヒ、イ・ボヨン、ポン・テギュ、パク・イェジン、イ・ジアらが所属している。

イ・スヒョン記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版
[PR]
by norikoiida | 2010-01-20 08:34 | 韓流スター

innolife1/7☆アン・ソンギ、「この年でロマンス、皆から羨ましがられる」



朝、アン・ソンギの新作の記事を読み、ペ・ヨンジュンも息長〜く俳優を続けて欲しいと思いました^^*

ちなみに、アン・ソンギは1952年生まれなので、ペ・ヨンジュンの20年先輩ですね〜!


*innolife 2010/01/07(Thu) 21:03
アン・ソンギ、「この年でロマンス、皆から羨ましがられる」


d0086230_982479.jpg



俳優アン・ソンギが中年のロマンスを演じたことに対して、満足感を表わした。

7日午後ソウル往十里CGVで、映画『Fair Love』のマスコミ試写会が開かれた。

映画『Fair Love』は、死んだ友人の娘と愛に陥った中年男性の純愛を描いた。同映画でアン・ソンギは、カメラ修理工として生きてきた老いた未婚男性“ヒョンマン”役を演じた。後輩イ・ハナと共に中年のロマンスを演じたアン・ソンギは「この映画を見て、愛の感情が出てきて欲しいと思う」と所感を明らかにした。「この年で、ロマンスドラマをするということを羨ましがられた。終ってからの周囲の反応は、年齢差と友人の娘ということより、美しく純粋なイメージを持ってもらった」

「実際そのような経験が可能か?」と言う質問に、アン・ソンギは「老いた未婚男性が、死んでいく友人から娘をお願いされるならば、本当に聞き入れると思う」と答えた。「キャラクターをどのように設定したのか?」という質問にアン・ソンギは「年齢の差がたくさんあり、友人の娘なので、美しく見えたかった。 落ち着いていて、おかしな感情が出れば、映画の流れに支障をきたすので、純粋な姿、自分の世界にだけ閉じこもて生きる、そのような汚れていない姿を見せたかった。ふけた感じではなくカジュアルな雰囲気を与えようと、衣装演出もした。少しでも若く見えるように努力した」と話した。

映画『Fair Love』は、14日公開予定。
[PR]
by norikoiida | 2010-01-08 09:06 | 韓流スター

朝鮮日報1/4☆「有望株」キム・スヒョン、ペ・ヨンジュンの事務所に移籍



*朝鮮日報  2010/01/04 14:09:11
「有望株」キム・スヒョン、ペ・ヨンジュンの事務所に移籍


 新人俳優キム・スヒョンはペ・ヨンジュン、イ・ナヨン、チェ・ガンヒらが所属するキーイーストとマネジメント専属契約を結んだ。

 同事務所は4日、「キム・スヒョンは演技力があり、無限な可能性を持つ新人。体系的なマネジメントや国内外の資産を活用し、多くの方々に愛されるいい俳優に成長できるよう、サポートを惜しまない」と語った。

 キム・スヒョンは2007年、MBCのシチュエーション・コメディー『キムチ・チーズ・スマイル』で本格的な俳優活動を開始。SBS『クリスマスに雪が降るかしら?』でコ・スの10代のころを演じ注目を浴びた。また、『息子の家』でチェ・ミンスの息子を演じたこともある。

キム・ゴヌ記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版
[PR]
by norikoiida | 2010-01-04 14:52 | 韓流スター

朝鮮日報12/25☆リュ・シウォンが『冬ソナ』出演オファーを断った理由とは?




*朝鮮日報  2009/12/25 10:22:39
リュ・シウォンが『冬ソナ』出演オファーを断った理由とは?


 韓流スター、リュ・シウォンがドラマ『冬のソナタ』の出演オファーを断った理由を打ち明けた。

 23日夜に放送された『黄金漁場』(MBC)の人気コーナー「ヒザ打ち道士」のクリスマス特集編に出演したリュ・シウォンは、「『冬のソナタ』でペ・ヨンジュンさんが演じた役は、初め僕のところに打診があった」とし、「チェ・ジウと共演したドラマ『美しき日々』が終わるやいなや、ユン・ソクホ監督からの出演オファーが来た」と語った。

 リュ・シウォンは、2作品連続でチェ・ジウと共演するのは大変だろうという意向を伝え、ユン・ソクホ監督は「チェ・ジウはすでに出演を決めた。考えてみたら、君の言うことは正しい」とほかの俳優を探したとのこと。

 リュ・シウォンは「後で見たら、その役はペ・ヨンジュンさんが演じていた。後悔は1%もない」ときっぱり言い切った後、「それでも(何か)惜しくて、日本に進出したのだと思う」とジョークを飛ばした。

クァク・スンフン記者

スポーツ朝鮮/朝鮮日報日本語版
[PR]
by norikoiida | 2009-12-25 11:03 | 韓流スター

innolife12/24☆ リュ・シウォン「ペ・ヨンジュン-チェ・ジウなど韓流スター、一つにならなければ」



*innolife 2009/12/24(Thu) 08:56
リュ・シウォン「ペ・ヨンジュン-チェ・ジウなど韓流スター、一つにならなければ」


韓流スターリュ・シウォンが日本国内で人気を集めているスターが共に力を集めなければならないと話した。

23日放送されたMBC『黄金漁場-膝打ち導師』に出演したリュ・シウォンは、国内活動に対する欲を明らかにすると同時に、日本での韓流持続性に対する個人的な見解を明らかにした。

リュ・シウォンは「日本国内韓流バブル論」について。「もちろんそのような指摘があるのを知っている」として「韓流スターらが一つになるなら、韓流は続くだろう」と話した。
リュ・シウォンは「ペ・ヨンジュン,チェ・ジウなど韓流スターらが、各自個別的に日本で活動をしている。 個人的な見解と所属会社の立場などが互いに違って独自に行動しているのに、このような理由で韓流が弱まることもありうる」として韓流スターの統合された力が必要だと話した。

日本で人気歌手として5年目、着実に活動中であるリュ・シウォンは韓国で映画に出演したいという願いと共に新人俳優の姿勢で臨むという覚悟を明らかにした。
[PR]
by norikoiida | 2009-12-24 11:19 | 韓流スター

朝鮮日報12/15☆ファニがBOFと専属契約




*朝鮮日報  2009/12/15 13:27:05
ファニがBOFと専属契約


 人気男性デュオ「Fly To The Sky」のファニがペ・ヨンジュン、イ・ナヨン、チェ・ガンヒ、イ・ボヨン、イ・ジアらが所属する「BOF」と専属契約を結んだ。BOFが15日明らかにした。

 BOFは15日、「より専門的かつ集中したサポートのため、ファニが所属するHエンターコムと戦略的提携を結ぶことで合意した」と発表した。今後のファニの活動は、BOFがドラマ、映画、広告、マスコミ向けPR活動を、Hエンターコムが音楽活動を支える予定だ。

キム・ゴヌ記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版



*innolife 2009/12/15(Tue) 13:33
Fly to the Skyのファニ、ペ・ヨンジュンBOFと専属契約


歌手ファニが、BOFと専属契約を締結した。

15日午前BOF側は「より一層専門的で集中的な支援のために、ファニの現所属事務所H-Entercomと戦略的提携を結ぶことに合意した」と明らかにした。

今後のドラマ、映画、広告、言論広報など演技活動はBOFが支援し、アルバム活動に対する部分はH-Entercomで担当する。今回の所属契約でファニは、歌手から演技者への変身を本格的に試みる予定だ。持続的な演技活動に対する夢と情熱を持っているファニは、体系的で専門的なBOFのマネジーメントに深い信頼を見せたという。BOFの関係者は「ファニはすでに、演技と歌手活動の両面で実力を認められたマルチエンターテイナーだ。演技に対する情熱が熱いため、体系的なマネージメント及び国内外資産を活用、ファニが才能を最大限発揮できるように、演技活動に対する支援を惜しまない」と伝えた。

ペ・ヨンジュン、イ・ナヨン、イ・ボヨン、パク・イェジン、チェ・ガンヒ、イ・ジア、ポン・テギュ、ホン・スヒョンらスター俳優が所属しているBOFと歌手ファニの出会いが、どのようなシナジー効果を出すか、期待を集める。ファニは1999年男性デュオFly to the Skyで、歌謡界にデビューした。その後2006年MBCミニシリーズ『オーバー・ザ・レインボー』とSBSドラマ『愛している』に出演した。
[PR]
by norikoiida | 2009-12-15 13:42 | 韓流スター

innolife12/7☆香港人が一緒にスキーをしたい韓国の芸能人は?



*innolife 2009/12/07(Mon) 12:18
香港人が一緒にスキーをしたい韓国の芸能人は?


韓国観光公社香港支社は冬のスキー観光客誘致のため、11月7日、8日の両日にわたり開催した「Korea White Festival」で香港人488人を対象に「スキーを一緒にしたい韓国の芸能人」(複数回答可)に関する設問調査を実施した。

その結果、韓流スターイ・ヨンエ(188票、38.5%)が1位に選ばれた。これ以外に一緒にスキーをしたい芸能人にはソン・ヘギョ(140票、28.7%)、チョン・ジヒョン(110票、22.5%)、ペ・ヨンジュン(77票、15.8%)の順に選ばれた。

雪を見ることの出来ない香港では伝統的に冬にスキー観光を好み、多くの人が雪とスキーを楽しむため韓国を訪問している。昨年の年末から今年初めのスキーシーズンに韓国を訪問した香港観光客は、5万人を越えたものと推定される。今年はこれより多くの人が韓国を訪れスキーを楽しむものと予想されている。

観光公社香港支社は12月30日まで「韓国の冬の写真コンテスト」を実施するなど、韓国の美しい冬を知らせる多彩なプロモーションを展開している。
[PR]
by norikoiida | 2009-12-07 13:25 | 韓流スター

朝鮮日報12/7☆インタビュー:『アイリス』で熱演光るイ・ビョンホン(上)(中)(下)



インタビュー(下)のところで、ぺ・ヨンジュンと比較して、いろいろ聞かれてます!

最後の質問「俳優としての夢は何か。」の答えの最後の1行が、深い言葉だわ〜!

 「今のような時間が続いてくれたらと思う。地味に聞こえるかもしれないが、そうではない。選ばれるのではなく、自分で選ぶことのできる俳優として生きていくのは本当に難しいこと。今の状態をこれからもずっと維持していきたい。それが難しいということは知っている。上り坂があれば下り坂もあるはずだから。いつか僕も再び、誰かに選ばれるのを待つ俳優に戻るだろう」



*朝鮮日報   2009/12/07 10:17:47
インタビュー:『アイリス』で熱演光るイ・ビョンホン(上)


 「ワールドスター」。一般的に人気があるといわれるが、特に本人がその人気を実感できないほどの俳優のことをそう呼ぶことが多い。しかし米国(ハリウッド映画『 G.I.ジョー』)、日本(日本映画『HERO』)、そしてヨーロッパ(フランス映画『 アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』)まで、世界をまたにかけ活動しているイ・ビョンホン(39)は、そんなワールドスターとは少々違う。韓国のファンでも手を伸ばせば届くような、そんな雰囲気を持つ。こんなに生き生きと存在するワールドスターは、これまでほとんどいなかった。

 人々がイ・ビョンホンをより身近に感じるようになったのは、ドラマ『アイリス』(KBS第2)で、デビューから18年間蓄積してきた演技力を思い切り花咲かせたからだ。国家組織と友人に裏切られた後、敵(北朝鮮)と手を組み、復讐(ふくしゅう)に燃える野獣のような男キム・ヒョンジュンこそ、イ・ビョンホンが『アイリス』で演じている役。このスパイドラマは第10話にして視聴率が33.7%を記録した。ケーブルチャンネル、デジタル・マルチメディア放送(DMB)チャンネル、インターネット動画配信システム(VOD)まで合わせると、実質的な視聴率は50%以上に及ぶと推算される。展開の速さと迫力ある画面の力も大きいが、イ・ビョンホンの熱演があってこその数字といえるだろう。11月15日午後、BHエンターテインメント(ソウル市江南区清潭洞)事務室で会ったイ・ビョンホンは、首にマフラーを巻いて軽くせきをしていた。「今はまだ話せないが、海外プロジェクトの件で、新羅ホテル(ソウル市中区奬忠洞)でミーティングをしてきた」と打ち明けたイ・ビョンホン。「『アイリス』は本来、僕が出演する予定ではなかった」と言うと、「失礼」と断ってからたばこを吸った。

-それは一体どういう意味なのか。『アイリス』はあなたの出演を前提に企画されたドラマのはずだが。

 「それはどうだか…。最初にオファーを受けた時、僕はほかのプロジェクトを進めていた。あらすじを読んだときも、自分とは縁がない作品だと思い、1年間断り続けた。内心、『生放送に近い韓国のドラマ制作のスタイルについていくことができるか』という気持ちもあった」

-『アイリス』はそれでもかなり事前制作された作品だと聞いているが。

 「最近になって、とうとう“生放送”の境地に達した(笑)。激しいアクションシーンが多いため、一つのシーンを撮影するのに丸1日かかることもある。インターネットで視聴者の反応をリアルタイムで確認しながらドラマを撮影するのは、きっと韓国だけだろう。決して創造的とはいえない方法だと思う」

-ドラマ自体は視聴者に大好評だが。

 「ほめてくれる人もいれば、期待していたほどではないという不満の声もある。それでも新しいジャンルへの冒険を強行したことに、幅広い共感を得られてうれしい」


*朝鮮日報  2009/12/07 10:19:50
インタビュー:『アイリス』で熱演光るイ・ビョンホン(中)


-今年は二つの外国作品に出演し、海外でも注目を浴びる俳優として活躍している。ハリウッドではどんな経験をしたのか。

 「カネの論理で動くということがはっきり目に見える世界だった。スポンサーが絶対的な力を持っている。韓国の撮影現場で感じるような、人間的な温かさというものは感じられなかった」

-米国で撮影しながら差別を受けたことはあるか。

 「英語にはかなり自信があったが、スラングがよく分からず、会話の中になかなか入っていけなかった。撮影の前半、僕のために現場の雰囲気が白けてしまうのではないかと、バスで移動するときもずっと黙っていた。自ら進んで仲間はずれにされていたようなもの。ほかの俳優たちの間では、『何様のつもりだ』『偉そうに』などとうわさされていたようだ。でも時間がたつにつれ、少しずつ親しくなった。今でも時々連絡している。ロサンゼルスに行くとシエナ・ミラーに電話をかける。すると、たくさんのパパラッチに追いかけられながらも、気軽に会いに来てくれる」

-ハリウッドでイ・ビョンホンの位置はどれくらい?

 「ヨチヨチ歩きの段階にもならないだろう。僕は本格的にハリウッドに進出すると話したことはない。僕は自分の基本を失いたくない。僕がいくら英語がうまくなっても、米国人の習慣や文化をその国の人ほどうまく表現することはできない。僕が一番うまく演じることができるのは、韓国で韓国語で演じる韓国人の役」

 1991年、KBS公開採用タレント14期でデビューしたイ・ビョンホンは、「新人のころ、プロデューサーによくしかられた。軍に入隊する前、母の友人の勧めでタレントの試験に挑戦したら合格してしまった。だから、『この道以外にも進む道はある』という思いがいつも胸の片隅にあった」と話す。しかしいつのころからか、「プロデューサーの乗った車のドアを開ける俳優ではなく、プロデューサーがドアを開ける俳優になろう」という思いが強くなってきたという。イ・ビョンホンは「テレビ局のプロデューサーがとても力を持っていた時代だった。いつもしかられているうちに、気が強くなり、根性がついたのかもしれない」と言って笑った。

-テレビで見ると、生まれながらの俳優のように見えるが。

 「親しい人ばかり2、3人でいるときはリーダーになろうとするが、それ以上にたくさんの人と一緒にいると緊張してしまう、そんなタイプだ。自分は“スケールの小さい”人間だと思っていたため、俳優になるなんて想像したこともなかった。実際に俳優になってみたら、意外にもたくさんの人の前に立つということはほとんどなかった」

-俳優をしていなかったら今ごろ何をしていたと思うか。

 「映画が好きだから、俳優ではなく、映画制作の分野で仕事をしていたかもしれない。浪人をしようと決めた時、建設会社を経営している父が真剣に『掘削機を買ってあげるから、重機の免許を取ってみろ』と言ってきた。あの時その免許を取っていたら、今ごろ掘削機を操っていたかもしれない」


*朝鮮日報   2009/12/07 10:22:00
インタビュー:『アイリス』で熱演光るイ・ビョンホン(下)


-ペ・ヨンジュンさんに劣らず日本で人気があるようだ。どっちの方が人気があると思うか。

 「(しばらく無言で)僕が聞いたところでは、僕たちは少しタイプが違うため、比べるのは難しいらしい」

-ペ・ヨンジュンさんのように事業を始める計画はあるか。

 「(笑って)そっちの方の才能はまったくない。僕は一つのことに没頭してこそ、何とかその仕事をこなせるというタイプ。『アイリス』を撮影しながら、日本で『G.I.ジョー』や『グッド・バッド・ウィアード』のプロモーション活動を行ったが、台本が頭に入らなくて苦労した」

-正直なところ、チャン・ドンゴンさんやチョン・ウソンさん、ペ・ヨンジュンさんのような完ぺきなイケメンではないとも言えるが。

 「若いころは、テレビで自分の姿を見て、『自分で見ても格好いい』と思ったことがかなりあった。でも年を取るにつれ、そういうことをまったく思わなくなった。ハンサムだというほめ言葉は、それほどうれしくもない。最近は『俳優らしい顔をしている』という言葉が一番僕を興奮させた。それが僕の力ではないか」

-それでも年齢に比べれば若く見える方だ。

 「若いころから老けて見える人は、年を取ってもあまり変わらないもの。僕がそのタイプなのかもしれない。中学時代の写真を見ると、そのとき既に今に近い顔をしていた。実際、俳優としての存在感のためには、ただ若く見えればいいわけではない。自分の年に合った顔が1番いい。でも時々、中学や高校時代の友人に会って飲んでいると、確かに僕の方が若く見えると思う」

-来年40歳になるが、結婚の予定は?

 「早く結婚したい。でも結婚は運命だと思っている。努力してできるものだろうか。実際、数年前まではまったく焦っていなかったが、最近は仕事ばかりでそういう機会がまったくなく、少々寂しくなることがある。これからはある程度自分でも努力しなければならないと思う」

-それでは2004年にソン・ヘギョさんと破局した後、1度も恋愛をしていないということか。

 「1度だけ。大学院生だった。もう一人は、付き合ったと言えるほどの関係ではなかった」

-俳優としての夢は何か。

 「今のような時間が続いてくれたらと思う。地味に聞こえるかもしれないが、そうではない。選ばれるのではなく、自分で選ぶことのできる俳優として生きていくのは本当に難しいこと。今の状態をこれからもずっと維持していきたい。それが難しいということは知っている。上り坂があれば下り坂もあるはずだから。いつか僕も再び、誰かに選ばれるのを待つ俳優に戻るだろう」

チェ・スンヒョン記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
[PR]
by norikoiida | 2009-12-07 13:22 | 韓流スター