『太王四神記』☆来年初めに日本全国の映画館で公開へ!



今日は朝から、丸の内で撮影の仕事で、昨夜の「太王四神記」の視聴率も確かめる時間もなく、慌ただしく出かけてしまいました!

一仕事終え、お昼に帰ってきて、朝鮮日報を見てびっくりでした....@@*

「太王四神記」を日本全国の映画館で公開....@@<<<*

しかも、来年初め...って!

「太王四神記」をめぐる日本市場は、まさに戦乱模様ですね....

NHKの独壇場でもないのね!???

avexのDVDはいったいいつ発売になるの?

こちらは全部ドラマが完成しないと、どうにもできないのでしょうかね....

映画館はきっと、TOHOシネマズですよね。

ホテリアー、冬ソナで、ぺ・ヨンジュン人気立証済みですものね。

なんだか、来年も年明けから忙しいですよね。

NHKハイビジョンでも見て、映画館の大スクリーンでも見て。

でも、一度映画館で見始めたら、きっと、ものすごい迫力で毎回通ってしまいそう....

全回鑑賞特別割り引き券とか、作って欲しいもんだわ...^^*



バラ☆ココリコ
d0086230_20393526.jpg



*朝鮮日報  2007/10/18 11:35:10
「太王四神記」、日本全国の映画館で公開へ
「ヨン様」パワー改めて立証


 人気俳優の「ヨン様」ことペ・ヨンジュンが『冬のソナタ』以来5年ぶりにドラマに復帰した時代劇『太王四神記』(MBCテレビ、脚本ソン・ジナ、パク・ギョンス、演出キム・ジョンハク、ユン・サンホ)が、来年初めに日本全国の映画館で上映されることになった。韓国ドラマの劇場公開は異例で、日本でヨン様が韓流スターの最高峰であることが改めて証明された格好だ。

 韓国で現在放映中の『太王四神記』の版権販売を担当するSSDによると、映画館での公開は長さ2-3時間の劇場編に再編集する一般的な方式ではなく、全24回を順に上映する異例の形式となる予定で、注目を集めている。こうした試みは韓国ドラマの対日輸出で初めてだ。

 一方、NHKは先月、『太王四神記』の日本でのテレビ放映を決定した。12月3日からBSハイビジョンで放送される予定だ。

 サンケイスポーツなど日本のメディアは、『太王四神記』が11月に韓国での放映を終えてから、1カ月もたたないうちに日本で放映されることについて、「NHKが過去に放送したか、今後放送を予定している韓国ドラマのうち最も放映が早い」と報じた。その上で、「ペ・ヨンジュンが昨年4月に『ホテリアー』(テレビ朝日系)に特別出演した後、彼とその新作を一日も早く見たいというファンにとって、『太王四神記』の放映は朗報」と伝えた。

 「ヨン様」パワーは日本の漫画界にも飛び火した。講談社は情報雑誌の『TOKYO1週間』『KANSAI1週間』に先月下旬から『太王四神記』の漫画版を連載している。作画は人気漫画家の池田理代子さんが手掛けている。

 一連の動きは、『冬ソナ』で日本の韓流ブームの火付け役となったペ・ヨンジュンへの人気が依然根強いことを立証している。





池田理代子の漫画、今週は立ち読みしましたが、まだ、1話の神話時代でしたよ...@@*

いったいいつまで連載続くんでしょうね....まだ、始まったばかりなのに、ミアネヨ!
[PR]
by norikoiida | 2007-10-18 20:59 | 太王四神記
<< ハラハラ、ドキドキの『太王四神... 『太王四神記』第10話☆視聴率... >>