Spring Rose 104*ファビュラス ☆ NHK「最期の笑顔~納棺師が描いた東日本大震災~」...涙、止まらず !




バラ☆ファビュラス      2000(アメリカ)   F
d0086230_1043063.jpg




*2012/08/18(土)   くもり


おはようございます!

日の出前に起きたら、虫の声が聞こえてきました。

まだ、猛暑日続いてますが、わずかに秋の気配が。。。と思ったら、日の出とともに蝉の賑やかな鳴き声が。。。今朝は曇りだけど、やっぱり暑いです....^^;



昨夜、偶然に見たNHKスペシャル「最期の笑顔~納棺師が描いた東日本大震災~」。

初めから終わりまで、大粒の涙があふれて止まりませんでした....uu (こんな番組初めてだ〜)

「修復納棺師」という仕事があるのを初めて知りました。

震災で損傷した遺体の顔の傷をきれいにして、ほほ笑みを浮かべた安らかな表情で家族と対面できるようにしていく....さらに、そのときの対面の様子を1枚1枚絵と文で記録していった笹原さん、そして、対面した家族たちの思いが、胸にず〜んとひびくドキュメンタリーでした。

日本のマスコミ報道では大震災の遺体報道はタブーでしたが、笹原さんや遺族の映像や言葉を通して、大震災の凄惨さをあらためて感じました。

続編があるなら、笹原さんがどうして、修復納棺師という仕事についたのか、もっと知りたい....!



*NHKスペシャル「最期の笑顔~納棺師が描いた東日本大震災~」
2012年8月17日(金) 午後10:00~午後10:50(50分)
ジャンル ドキュメンタリー

(番組内容)
巨大津波に流され、損傷した遺体の傷をボランティアで修復してきた納棺師・笹原留似子さん。家族の最後の対面を描いた絵とその時に交わされた慈しみにあふれた対話の記録。

(詳細)
岩手県の納棺師・笹原留似子さん(39)。東日本大震災による巨大津波に流され、損傷した300人を超える遺体の傷をボランティアで修復、家族に最後の対面をさせてきた。修復された遺体は皆、安らかな微笑みを浮かべた表情になり、家族と最後の対面を果たした。番組では、笹原さんによって描かれた家族の対面場面を描いた絵を通じて、震災という悲劇の中に見いだされた家族の愛情の深さと慈しみ、そして人の優しさを見つめ直す。
[PR]
by norikoiida | 2012-08-18 11:13 | バラ
<< Spring Rose 105... Spring Rose 103... >>