ヴィラデストのジューンベリー☆原発ゼロの朝


*2012/05/06(日)     東京  はれ


おはようございます♪

ゴールデンウィークも今日で終わりですね。

あっという間に過ぎてしまいました。

海外旅行などは縁遠くなりましたが、近場でカントリーライフを存分に楽しむことができました^^*

5/3には群馬の小学校の同級生5人で、長野県東御市にある玉村豊男さんの「ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー」に行ってきました。

群馬は朝から大雨でしたが、山を越え長野に入ったら雨もあがり、ブドウ畑やガーデンの散策も楽しめました。

おいしいランチとワインをいただき、玉村さんの絵が飾られたギャラリーやワイナリー見学もできました。玉村さんもいらして、みんなで一緒に記念撮影もしてもらいました! 

ヨンジュンが夢見る田舎暮らしも、こんなステキのワイナリー&レストランなのでは....と空想してしまいました。ブドウが大きくなる夏にまた、訪ねてみたいと思っています♪


満開の「ジューンベリー」☆「ヴィラデスト」のガーデンにて
d0086230_10284181.jpg



「ジューン」という言葉にピピット反応です(笑)!





5/4に東京に戻り、昨日の子供の日には「くにたち蜜源ガーデン」で野菜の苗植え。

援農スタッフ10人で、サツマイモ、トウモロコシ、スイカの苗を植えました。

半数は一橋大の大学生たちで、若くて力持ちなので、草取りや畝作りをパッパとやってくれました。頼もしい〜^^*





昨日は日本の原発稼働がゼロになりましたね!

ゼロになっても、電気は足りているようで.....。

ずっと、このまま原発ゼロの日本であって欲しいです!



*時事通信    2012/05/06-02:36
原発、42年ぶり稼働ゼロ=北海道電・泊3号機が検査入り  ↓




 全国の原発で唯一稼働していた北海道電力の泊原発3号機(北海道泊村、91.2万キロワット)が5日深夜、定期検査のため発電を停止した。これにより、国内の原発50基は全て運転を停止し、原発の発電量は1970年以来42年ぶりにゼロとなった。原発が基幹電源となってから初の異例の事態で、政府が目指す再稼働が実現しない場合、電力の供給不安を抱えたまま需要が増大する夏を迎える。
 原発による発電電力量は、ピークの98年度には全体の36.8%を占め、その後も3割前後で推移してきた。しかし、東京電力福島第1原発事故が発生した昨年3月11日以降、国内の原発は定期検査で次々と運転を停止し、再稼働のめどは立っていない。最後の1基となった泊3号機も、5日午後5時に出力を下げ始め、同11時3分に発電を停止。6日未明に原子炉が止まり、7日午後には原子炉が冷えた冷温停止となる。検査期間は71日間の予定。
 日本で商業用原発が発電を始めたのは、65年の日本原子力発電東海原発が最初。同原発が定期検査中だった70年4月30日からの5日間、国内で2番目に稼働した同社敦賀原発1号機も検査で止まった。全ての原発が停止したのは、それ以来だ。(2012/05/06-02:36)
[PR]
by norikoiida | 2012-05-06 10:27 | 日記
<< 素敵なバースデープレゼント♪ 野菜の苗植え☆5月の庭の花々 >>