日記*20110731*タイム計画も楽じゃない!

*2011/07/31(日)    群馬 くもり/雨 25℃


明け方3時53分、大きな地震があり飛び起きました。

TVをつけたら、震源地は福島県沖でM5強。群馬は震度3でしたが、けっこう激しい揺れでした。

余震はいつまで続くのでしょうか〜! 忘れた頃にグラッときますね。




朝からくもり空。気温も25℃で、半袖では涼しく感じるくらいです.....^^;

かっこうの草むしり日和なので、午前中、再び母と草むしりをしました。

草が生えないようにハーブのタイムを茂らせようと、以前、タイムを植えたところを中心にやりました。

3週間前に草をとったところは、草も小さく簡単です^^*

半分は前回やり残したところで、草も育ちに育って、タイムはどこにあるのか見つけるのが大変なくらいになっていました....トホホ^^;

これではどうしようもないので、全部きれいに耕して、再びタイムを植えることにしました。

将来、草取りの手間をはぶいて楽をしよう...というタイム計画だったけど、そうなるまで、けっこう大変です〜@@;



バラ☆ゴールデン メダイヨン    1984 独   コルデス
d0086230_8171883.jpg




*今日の原発事故ニュース↓



*読売新聞    群馬県産肉牛、全頭検査31日から


 放射性セシウムに汚染された肉牛や稲わらが各地で見つかっている問題で、群馬県は27日、県産肉牛の全頭検査を31日から始めると発表した。


 同県には390戸の飼育農家があり、年間約4万頭を出荷している。このうち県内で処理されるのはほぼ半分で、県は、東京都の市場などに持ち込まれている肉牛も、農家の希望があれば検査する方針。

 一方、静岡県産牛の約55%を扱うJA静岡経済連は27日、同経済連が運営する県内の食肉処理場2か所で、自主的な全頭検査を始めた。

(2011年7月27日21時32分 読売新聞)



*朝日新聞     吉永小百合さん「原発なくなって」 原爆詩朗読会で発言
2011年7月31日16時36分

 女優の吉永小百合さんが31日、広島市中区の広島国際会議場で原爆詩を朗読し、その前のあいさつで福島第一原発の事故に触れ、「原子力発電所がなくなってほしい」と訴えた。原爆詩の朗読は、この日あった日本母親大会の特別企画で、約1500人が聴き入った。

 吉永さんは朗読に先立ち、「『原子力の平和利用』という言葉を、今まであいまいに受け止めてしまっていた。普通の原子力についてもっともっと知っておくべきだった。世の中から核兵器がなくなってほしい。原子力発電所がなくなってほしい」と語った。

 その後、吉永さんは峠三吉の原爆詩集「序」や栗原貞子の「生ましめんかな」など9編を朗読。広島市内の子どもらと一緒に平和の尊さをうたう「折り鶴」を合唱した。



*共同通信    2011/07/31 17:58
福島で初の原水禁大会 県民が脱原発訴え


 原水爆禁止世界大会が31日、初めて福島市で開かれた。東京電力福島第1原発事故を受け、主要テーマをこれまでの「核兵器廃絶」から「脱原発」として、原発事故被災者や広島・長崎の原爆被爆者ら約1700人が参加。「放射能のない福島を返せ」と声を上げ、市内をデモ行進した。

 原水爆禁止日本国民会議(原水禁)などの主催で、原発立地県での大会開催は初めて。

 原発から10キロ圏内の浪江町に自宅がある小学校教諭吉田博正さん(45)が、福島県民を代表して現状を報告。「原発事故の被害者は私たちで最後にしましょう。今こそ脱原発だ」と訴えた。



*毎日放送   2011年07月31日(日) 19時04分
原発ゼロ、ニュージーランドの電力事情


 地震も火山も多いという点で日本と似ている南半球のニュージーランド。しかし、電力供給に関しては大きく違い、原発はゼロ、かわりに地熱発電が盛んです。豊かな自然を最大限に利用する、その電力事情を取材しました。

 ワイラケイ発電所。1958年に運転を始めた世界で2番目に古い商業用の地熱発電所です。

 「こちら地熱発電所にはりめぐらされたパイプです。中には200度を超える地下水が流れているんですが、このように触ることができます」(記者)

 マグマに熱せられた地下水と水蒸気でタービンを回転させる地熱発電。このワイラケイ発電所があるのは先住民のマオリ族が多く住む地域で、自然保護の観点から当初は反対の声も多かったといいますが、くみ上げた温泉水をマオリ族らに供給するなどして、何とか地元の理解を得てきました。

 「この周辺には、とても神聖なマオリの聖地があり、そのうちのいくつかは地熱地帯にあります。心の奥底では発電所に反対していますが、電力会社と協力してやっていくしかないのです」(先住民・マオリ族の住民)

 住民の理解を得られている背景には、原子力には絶対に頼らないというニュージーランド国民の強い思いもあります。

 冷戦時代、ニュージーランドに近い南太平洋で行われたアメリカなどによる核実験。これを受け、ニュージーランドでは、原子力艦船の入港はもとより、原発の建設も一切認めない徹底した非核法を制定。以来、自然エネルギーの利用を推進してきました。

 (Q.原発について)
 「絶対いらないね。水力に地熱、風力もあるからね」(地熱発電所近隣の住民)
 「全く賛成できないわ」

 「エネルギーは必要ですが、“核エネルギー”は好みません。だから別の方法で電力を得る必要があるのです」(地熱発電所の近隣・タウポ市の市長)

 地熱発電がニュージーランドの総発電量に占める割合は現在およそ10%。これに水力と風力を合わせて、電力の7割以上を再生可能エネルギーで賄っています。2025年には、このパーセンテージを9割にまで高める計画です。そして、この取り組みに日本の技術も貢献しています。

 「ここに新しい地熱発電所が建設されるのですが、タービンは日本の東芝製です」(ワイラケイ地熱発電所広報担当)

 同じ火山国ながら、地熱発電がほとんど普及していない日本。人口およそ430万人のニュージーランドと単純に比較することはできませんが、今後の電力のあり方を考える上で参考にすべき点は数多くありそうです。(31日15:50)



*毎日新聞    2011年7月31日 東京朝刊
世界を読む:モンゴル核処分場計画/フィンランドに建設中の最終処分場(その1)

d0086230_19435854.jpg


 ◇米「年内覚書締結を」 UAEも参加、安全保障前面に
 使用済み核燃料、いわゆる「核のゴミ」の国際的な最終処分場を日米主導でモンゴルに造る計画が、水面下で加速している。5月に毎日新聞が計画を報じた後、モンゴルから核燃料の供給を受けたいアラブ首長国連邦(UAE)が新たに加わり、米エネルギー省が今月、了解覚書(MOU)を年内に締結したいと関係各国に打診した。安全になるまで最低10万年はかかる核のゴミを、未来の世代に押しつけ、先進国が途上国に負わせる構図。世界で唯一、最終処分場を建設中のフィンランドも訪ね、核のゴミを巡る問題に迫った。【オルキルオト(フィンランド南西部)会川晴之】


 3人の男がモンゴルの首都ウランバートル郊外にあるチンギスハン空港に降り立ったのは、春まだ浅い09年5月6日だった。

 「モンゴルは東洋のスイスになるべきです」。米シンクタンクの2人と経済産業省の官僚が、バトボルド外相(現首相)、ボルド国防相ら政府要人に語りかけながら、後に最終処分場建設計画へと発展する提案書(英文)を差し出した。

 南を中国、北をロシアに挟まれた内陸国モンゴルは、両大国の度重なる干渉に苦しんできた。3人は、「永世中立国」を宣言したスイスが国連機関を誘致して安全保障を強化した例を引き合いにし、「使用済み核燃料を貯蔵する施設を建設、国際機関が管理すれば、中露両国も、うかつにはモンゴルへ手出しができません。北東アジアの安全保障強化にも貢献する」とたたみかけた。

 モンゴル南部ゴビ砂漠にあるウラン鉱山周辺に、核燃料製造施設、原発、研究所、使用済み核燃料貯蔵施設などの核複合施設を建設、国際原子力機関(IAEA)に管理を委ねる構想だ。

 モンゴル側への説明は、安全保障面を前面に押し出した。しかし、その後、米ネバダ州ユッカマウンテンの最終処分地計画が住民の反発で宙に浮き、オバマ政権は白紙撤回した。国外に代替地を探らざるをえなくなった米エネルギー省、使用済み核燃料の引き取り場所が確保できれば「原発輸出の起爆剤になる」とみる、日米両国では最大の原子炉メーカー・東芝(子会社の米ウェスチングハウスを含む)が、構想の主軸を担っていった。

 IAEAによると、使用済み核燃料は世界で推計約33万トン。年間1万500トンが発生しており、うち8500トンが処分に備えて貯蔵され、2000トンが再処理されている。再処理しても、高レベル放射性廃棄物が生まれるため、使用済み核燃料をそのまま処分するのと同じ歳月の隔離が必要となる。

 日米では住民の反発で最終処分場の建設は現状では極めて困難だ。国連加盟国の中で人口密度が最も低く、地盤も強固なモンゴルに白羽の矢が立てられたのは、原子力を国家戦略に据えた先進国の「事情」があった。

 ところで、核のゴミ捨て場とはどんなものなのか。生命体に悪影響を及ぼさないようにするためどのように管理されるのか。安全になるまで最低でも10万年が必要とされる。10万年前はネアンデルタール人が暮らしていた時代だった。

 疑問の答えを探ろうと、「オンカロ」(隠し場所)と名付けられた、フィンランド南西部に建設中の最終処分場を訪ねた。


*毎日新聞    2011年7月31日 東京朝刊
世界を読む:モンゴル核処分場計画/フィンランドに建設中の最終処分場(その2止)


 ◇管理、10万年先まで 透明手続きで実現、課題は危険性伝承

 「使用済み核燃料は10万~20万年の間、安全に管理する必要がある」。フィンランドで建設中の最終処分場「オンカロ」。施設を運営するポシバ社の技術者、ピアタリさんが語り始めた。

d0086230_19423150.jpg



 2020年に稼働が始まるオンカロは、3キロ四方のオルキルオト島の中央部にある。島には原発2基があり、さらに2基を増設する。使用済み核燃料の中間貯蔵施設、原発運転中や解体後に出る中・低レベル放射性廃棄物の地下処分施設もある“核の要塞(ようさい)”だ。

 「原発で使った核燃料は、半減期2万4000年のプルトニウムなど大量の放射性物質の塊。自然界に存在する放射線レベルに低減するには、気の遠くなるような期間、安全に管理する必要がある。10万年なら1021世紀までだ」。ピアタリさんの説明は進む。

 保管は、円柱状の銅製キャニスター(直径約1メートル、長さ4・8メートル、厚さ5センチ)に使用済み燃料を詰め込み、地下430メートルに掘った横穴に5メートル間隔で縦穴を掘り、そこに筒を1本ずつ処分する。最大1万2000トンの処分が終わる2120年に地下の施設全体をコンクリートで密封する。

 アールト大工学部のルンド教授(原子物理学)は「安全のため地下1000メートルまで掘るべきだ」と語るが、規制当局の放射線・原子力安全局のイソランキラ上級検査官は「筒の腐食で放射性物質が漏れだしても、地表では国際基準をはるかに下回る」と言い切った。

d0086230_19422993.jpg



 同国の最終処分地選定は1980年代にさかのぼる。ポシバ社によると、当初は100カ所以上の候補地があったが、86年のチェルノブイリ原発事故で懸念が高まり、最終的には誘致に熱心だったオルキルオトが選ばれた。各国で最終処分場の建設が困難ななか、フィンランドで実現できた理由について、雇用経済省エネルギー局のフットネン次長は「初めから徹底的に情報公開し、国民的議論を深めた」と語り、手続きの透明性と民主的手法の重要性を説いた。

 ただ、モンゴル構想とは異なり、他国のゴミは引き受けない。フットネン氏は「わが国は使用済み核燃料の輸出入を禁じている」と言った。

 最大の焦点は、未来へどう警告するかだ。文明の後退や断絶もありうるから、施設の危険性を言語やマークで表示するのは確実とは言えない。フットネン氏は「モニュメントを造ると、人間は何かがあると掘り始めかねない。現場には何も残さない方が良い」と述べたが、10万年という未来を誰も想像できないでいるのだ。

 ◇各国で計画難航
 最終処分場を巡っては、フィンランドとスウェーデン以外どの国も住民の反対で選定が難航している。日本では80年代に北海道幌延町、岩手県釜石市などでの計画が頓挫した。

 各国とも代替案にしているのが一時(中間)貯蔵施設だ。原発内などにある核燃料を移送し、40年(ドイツ)~100年間(米国)貯蔵する計画だが、一時しのぎにすぎない。

 安定した地層に処分場を造るのが最善との認識が一般化した70年代から90年代、豪州やパラオ諸島などに処分地を造り、各国の廃棄物を受け入れてもらう構想が生まれたが地元の反対で立ち消えた。原発反対派が原子力発電を「トイレのないマンション」と批判する理由がここにある。

 今世紀に入って、国際原子力機関(IAEA)や米国が多国間管理の必要性を提唱し、モンゴル計画はこれに基づく。日本は、トルコなど新興国に輸出した原発で使用した核燃料の引き取り先としてモンゴルを活用したい考えだ。

 ◇モンゴル計画、否定後も極秘裏に
 モンゴルでの最終処分場建設計画が毎日新聞報道で明らかになった後、モンゴル各紙は「チンギスハンの聖地を汚す」などと計画への批判を展開した。

 モンゴル政府は対応に追われ、外務省のオンダラー原子力担当大使と国営原子力会社モンアトムのバダムダムディン会長が会見し、計画を否定。日米両政府とも、計画を進めていないとの見解を示し、火消しを図った。

 その一方で、モンゴルのエルベグドルジ大統領は6月16日に訪米し、オバマ米大統領と核開発計画推進での協力で合意した。

 東芝も佐々木則夫社長が報道直後に米エネルギー省のポネマン副長官に書簡を送り、計画の推進を促した。ポネマン氏は了解覚書(MOU)の作成に着手し、福島第1原発事故の状況を説明するため6月10日に訪米した細野豪志首相補佐官(当時)と会談。日米モンゴル3カ国に、アラブ首長国連邦を加えた4カ国で「計画を進めたい」と説明した。

 毎日新聞が入手した「包括的核燃料供給(CFS)に関する4カ国了解覚書」には、核燃料供給、ウラン転換、濃縮、使用済み核燃料一時貯蔵、最終処分などの事業の全体が記される。核不拡散上の懸念がある、モンゴルでのウラン濃縮事業を「認める」とも解釈できる表現を盛り込むなど、モンゴル側の歓心を買う内容でもあった。

 福島第1原発事故を契機に、世界で原発の安全性向上が議論されている。それは今後も人類が原子力に頼っていくことが前提だ。しかし、避けて通れない核のゴミ問題の議論は低調なまま。しかも、モンゴル計画は、関係各国が「否定」して秘密裏に進めていることで、議論さえ事実上封じられている。【オルキルオト(フィンランド南西部)会川晴之】

==============

 ◆主要国の使用済み核燃料保管量◆

 国名      保管量(トン)

 米国      6万1000

 カナダ     3万3700

★日本      1万9000

★フランス    1万3500

★ロシア     1万3000

 韓国      1万 900

★英国        5850

 スウェーデン    5400

 フィンランド    1600

 *データは07年末現在。★は再処理実施国。
[PR]
by norikoiida | 2011-07-31 08:18 | 日記
<< 日記*20110801*「Wi... 日記*20110730*新潟と... >>