日記*20110720*なでしこ魂☆役者魂

*2011/07/20(水)    雨/くもり


台風6号の大雨で、各地で被害が出ているとのニュース。

台風で1日外出を控えていましたが、国立はあまり雨が降りませんでした....^^;

あれこれ雑用をしながらTVを見ていたら、今日も「なでしこジャパン」特集をあちこちでやってました。

世界一になったというのに、報奨金?が男性サッカー選手とは違ってかなり少ない....@@;

しかも、大部分はサッカーだけの生活ではなく、アルバイトなどしながら、二足のわらじ生活....だというので、さらにびっくりでした.....@@;

この優勝で、女子サッカーの環境が良くなるといいですね。

なでしこリーグの観客も少ないんだそうです....^^;

わたしなど、女子サッカーの試合を見るのは今回が初めてだし、だいだい「なでしこリーグ」の試合は、どこでいつやっているのかも全く知りません....今回の優勝でマスコミ報道も増え、観客が増えるといいですね〜!

厳しい環境にもめげずに世界一を勝ち取った「なでしこ魂」は本当にすごい〜^^*



昨日、俳優の原田芳雄さん(71)が亡くなり、今日のTVでもそのニュースがたくさん流れていました。

遺作は7/16から公開中の映画「大鹿村騒動記」。

7/11のプレミアム試写会に車椅子で出席したニュース映像を見て、闘病中だと初めて知りました。

痩せて、もう声も出せないくらいになっているのに、自分の映画の完成を見届けたい〜という彼の「役者魂」が伝わってきました!

追悼の気持ちを込めて、映画を観にいきたいと思いました。

ニュースで「100本以上の映画やドラマにも多数出演....」と知り、その数の多さにびっくり....@@;

「100本もの映画か〜!? 」  

数がすべてではないけど、その数に役者としての情熱が現れているような気もして「すごいな〜!」とため息。

原田芳雄さんの壮絶人生のニュースを見ながら、われらが俳優ペ・ヨンジュンも、せめて10本くらいの映画に出て欲しいな〜!と、思ってしまいました....^^;


TVのコメントでは、周囲の人々から愛されていたお人柄が伝わってきました。

周囲の人を思いやり、気配りする優しい人....。

わたしが中学生の頃、日テレのドラマ「冬物語」(1972-73)の渋〜い原田芳雄さんを見て、キャーキャーいっておりました♪ (なんと、ヨンジュンが生まれた年ですね〜!もう39年も前のドラマ....@@;)

それで、思い切って年賀状を出したら、原田芳雄さんご本人から直筆の年賀状が届き、大感激したことを思い出しました!

昔からやさしい人だったんですね〜!



バラ☆ロイヤル サンセット 1960 米
d0086230_2052478.jpg




*今日の原発事故ニュース↓



*時事通信   (2011/07/21-00:50) 
岩手でもセシウム汚染わら=「疑い」肉牛、全国で1500頭以上


 岩手県は20日、一関市と藤沢町の畜産農家計5戸が肉牛に餌として与えていた県内産稲わらから国の暫定規制値(1キロ当たり300ベクレル)を超える583~1万2984ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。乾燥する前の水分を含んだ状態に換算すると、最大で規制値の約43倍に相当する。福島、宮城両県内に続き、福島第1原発から約200キロ離れた岩手県内でもセシウムに汚染された稲わらが確認された。
 同県は県内の全農家に稲わらの使用禁止と肉牛の出荷自粛を要請した。
 同県の発表によると、両市町の5戸から19頭、別の7戸から62頭の計81頭が、3月下旬から7月中旬にかけ、同県内のほか東京都や神奈川県に出荷された。いずれも汚染された稲わらを与えられていた可能性があるという。
 また静岡県富士宮市の肉牛農家1戸が保管していた宮城県登米市産の稲わらからは、換算値で規制値の約7倍に相当する2132ベクレルの放射性セシウムが検出された。県によるとこの農家からは3月11日以降、県内や大阪府、愛知県に計148頭が出荷されていた。
 群馬県太田市でも、農家1戸が保管していた登米市産の稲わらから規制値を超える放射性セシウムを検出。県によると4月から7月にかけての同農家からの肉牛出荷頭数は355頭に上る。岐阜県高山市でも、飛騨牛を扱う農家が餌として与えていた宮城県大崎市産などの稲わらが規制値を超えていることが分かり、岐阜県は29頭が出荷されたと発表した。
 汚染の疑いのある肉牛はこのほかにも、宮城県内で約200頭、新潟県内で約50頭出荷されていたことが判明。全国での出荷頭数は1500頭以上となった。



*共同通信   2011/7/21 0:41
汚染疑い牛、1300頭超す 新たに5県で614頭出荷判明
岩手のわらからセシウム



 放射性セシウムを含む稲わらを肉牛に与えていた問題で、新たに岩手、秋田、群馬、岐阜、静岡5県の農家から汚染疑いのある牛が計614頭出荷されていたことが20日、各県の調査で分かった。既に判明している福島、山形、新潟、埼玉の4県と合わせ1349頭が出荷・流通されたことになる。流通先は鳥取、沖縄県を除く45都道府県に上った。

 岩手県一関市などの農家が使用していたわらからは国の暫定規制値(1キログラム当たり300ベクレル)を超えるセシウムが検出された。福島、宮城に続き、福島第1原子力発電所から約170キロ離れた岩手県内でも汚染されたわらが確認された。

 静岡、秋田、群馬、岐阜の農家は宮城県登米市産のわらを使用していた。宮城県産のわらの流通先は8県となった。

 新たに判明した5県の出荷数は群馬355頭、岐阜29頭、静岡148頭、岩手81頭、秋田1頭。静岡からは県内と愛知、大阪に出荷された。岩手は東京、岩手、神奈川に出荷。秋田の1頭は解体されたが、市場には流通していない。群馬、岐阜の出荷先は調査中。

 静岡県富士宮市の農家は登米市産の稲わら70トンを購入。わらから1キログラム当たり9380ベクレルの放射性セシウムが検出された。秋田の農家が登米市の業者から購入したわらからは2万ベクレルを検出。群馬県太田市の農家1戸も登米市の業者から稲わら約68トンを購入していた。

 岩手県では一関市と藤沢町の農家5戸が牛に与えていたわらから最大で5万7千ベクレルを検出。この5戸のほか、両市町の7戸も福島第1原発事故後に集めたわらを牛に与えていたが、現物が残っておらず検査できなかった。この計12戸から81頭が出荷された。

 また新潟県は20日、汚染されたわらを与えられた可能性がある肉牛を10農家が計85頭出荷していたとして個体識別番号を公表。加えて18日に判明していた規制値を超える放射性セシウムを含む稲わらを与えられ、出荷された24頭について、少なくとも1都9県に流通していたと発表した。〔共同〕


*時事通信   2011/07/20-19:09) 
学校給食に汚染疑い牛肉=9.8キロ消費-千葉県習志野市

 放射性セシウムで汚染された稲わらを食べた肉牛が出荷された問題で、千葉県習志野市は20日、そのうちの一部の肉約9.8キロが市内の小学校1校の給食で提供されていたと発表した。
 市教委によると、提供されたのは、福島県須賀川市の畜産農家が出荷し、5月に群馬県内で食肉処理された肉牛の一部。市立大久保小学校の6月20日の給食で「ビビンバ」用の牛肉として使われ、1年生から6年生の児童と教職員、約1090人が食べた。全量が消費され、小学校には肉は残っておらず、検査はできないという。他の学校では、同じ牛肉は使用されていない。


*中日新聞   飛騨牛にも汚染わら 宮城産、高山の農家に出荷
2011年7月21日 00時05分

 岐阜県は20日、県内に流通した宮城県産の稲わらから国の規制値の12倍の放射性セシウムを検出したと発表した。稲わらは岐阜県高山市の肉用牛農家で約160頭にえさとして与えられていた。うち29頭が3月11日以降に出荷され、一部は飛騨牛として市場に出たとみられる。県は個体識別番号と流通経路を調べ、流通した肉も検査する。
 宮城県産の稲わらを仕入れていた肉用牛農家はこのほか、いずれも高山市で5戸あり、計6戸で1095頭を飼育。岐阜県は他の5戸から出荷された牛肉も追跡調査する。
 県によると、県内で使う飼料用稲わらの一部が被災地から入っているため、5月中旬に流通状況を調査。宮城県大崎市と石巻市産の85トンが高山市の6戸に流通していたことを把握した。
 その後、被災地の稲わらから放射性セシウムが検出された問題を受け、稲わらが残っていた2戸のうち1戸から回収、20日に県保健環境研究所で調べ、国の暫定規制値(1キロ当たり300ベクレル)を大幅に上回る同3591ベクレルの放射性セシウムを検出した。
 県によると、この農家は地元の農協を通じて稲わらを仕入れており、3月11日以降に宮城県産25トンを購入した。基準を超えた稲わらは6月30日に仕入れ、飼育している全160頭に与えたという。
 県は稲わらを食べた牛で、7月18日以降に出荷された1頭の肉を確保。21日に県保健環境研究所で放射線の汚染状況を測定する。同日夜に判明する見通し。県は20日、6戸に対して検査結果が判明するまで牛の出荷自粛への協力を要請し、了解を得た。
(中日新聞)


*毎日新聞   <セシウム汚染>肉牛生産農家全戸検査へ 群馬県
2011年7月20日 22時37分

 肉牛の放射性セシウム汚染問題で群馬県は20日、県内の肉牛生産農家全390戸を対象に、放射性物質検査を実施すると発表した。県内2カ所の食肉処理場で解体する際、1戸当たり1頭から検体を採取する。県によると、全戸検査に踏み切るのは全国初とみられる。

 同県では1農家が飼料として与えていた稲わらから20日、暫定許容値を超える放射性セシウムが検出された。稲わらは宮城県登米市の業者から3月30日〜7月15日に購入しており、この稲わらを与えた肉牛計355頭が既に出荷された。県は安全性を確保するには、全戸検査が必要と判断した。【奥山はるな】


*リアルライブ    2011年07月20日 18時05分
制服向上委員会の反原発ソングに圧力? フジロック降板で他の出演アーティストはどうする


 アイドルグループ制服向上委員会が「フジロックフェスティバル'11」(7月29日~31日、新潟・苗場スキー場)への出演をスポンサーの都合により断られたと20日、公式ブログで発表して騒動になっている。

 制服向上委員会は公式ブログで「フジロックフェスティバル'11出演がなくなりました」と題し、「先日、フジロックフェスティバル'11に出演が決定したとお伝え致しました。ですが、フジロックのスポンサーのひとつである大手企業の反対により『ステージ上で脱原発の歌は歌えない』との事で、出演出来なくなってしまいました。心待ちにして下さった皆様には、大変申し訳ございません」とコメント。メンバーの橋本美香(31)は自身のtwitterで同様の内容をつぶやいた。

 8月15日に『ダッ!ダッ!脱・原発の歌』をリリースする制服向上委員会。CDの売り上げは1枚につき300円を福島第一原発事故で苦しむ福島の酪農家に寄付することになっている。

 これにはネット上から制服向上委員会擁護の声が多数出た。そもそも、フジロックはエコ活動などに重心を置いたライブイベント。しかも今回は脱原発イベント『アトミック・ カフェ・フェスティバル』 がフジロックにて復活されることを発表したばかり。なのにスポンサーの意向で反原発ソングを歌うのはまかりならんとは…フジロックでは一体何が起きてるのか?

 アトミック・カフェに出演予定の、加藤登紀子や斎藤和義、ソウル・フラワー・ユニオンらの動向にも注目が集まりそうだ。


*時事通信    もう「安い」と言わない=原発の発電単価で経産相

 海江田万里経済産業相は20日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、「原発はコストの安い電源という話があった。やはり今となっては、もう間違いではないだろうか」と述べ、「これからは安いコストの電源とは言わない」と宣言した。
 これまで経産省は発電単価について、原発は1キロワット時当たり5.3円との推計を示し、太陽光の49円、風力の9~14円などと比べてきた。しかし、原発立地地域への交付金や事故時の賠償などを含めれば原発はもっと高いとの指摘もある。経産相は「多くの皆さん方の批判に堪え得るような金額を出したい」と再計算も約束した。吉井英勝氏(共産)への答弁。(2011/07/20-22:58)
[PR]
by norikoiida | 2011-07-20 21:59 | 日記
<< 日記*20110721*夏休み... 日記*20110719*大型台... >>