日記*20110708*暑くて熱中症になりそうです〜^^;


*2011/07/08(金)   くもり/はれ


朝8時から、メグミさんとミツバチの巣箱の内検に。

くもりだが、長袖を着ての作業で汗がしたたり落ちる。内検のあと、巣箱のまわりと畑の草むしり。

もう、熱中症になりそう....@@;

昼間、家の気温は33℃を超えてました。それでも扇風機で頑張ってます!

「中国・四国地方と近畿、それに東海が梅雨明けしたとみられる」とのニュース。

関東もそろそろでしょうか〜?

梅雨明けには熱中症になりやすいとのことなので、要注意ですね!


beehoney*garden   国立ミツバチ日記
日記*20110708*戻ってきた新女王蜂ターシャ2世☆アン2世も誕生!☆瀕死の女王蜂レイチェル




夕方から、群馬の実家へ。群馬も暑い。。。実家では、母もいるのでエアコン使ってます!

明日はいよいよ、姪の結婚式♪


バラ☆ヴィオレット          ビュフォン  1845以前
d0086230_2232132.jpg



(追記7/9) 朝起きてTVをつけたら、牛肉からセシウムのニュース...^^;

*今日の原発事故ニュース↓





*朝日新聞   南相馬から出荷の牛肉、セシウム検出 基準の4.6倍
2011年7月9日1時41分


 東京都は8日、福島県南相馬市内の畜産家が出荷した牛1頭の首部の肉から、国の基準(1キログラムあたり500ベクレル)の4.6倍にあたる2300ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。都によると、牛肉から基準を超える放射性物質が検出されたのは初めて。

 この牛と同じ畜産家が同時に出荷した他の10頭は、食肉処理後にすべての肉が加工施設内に保管され、流通していない。この10頭についても検査しており、9日以降に結果が出る。福島県は南相馬市で食用として飼われている牛について、出荷や移動を自粛するよう市や関係団体に要請した。

 都の説明では、この牛は8日に中央卸売市場食肉市場・芝浦と場(港区)で食肉処理後、放射能検査を実施した。

 この畜産家は、東京電力福島第一原発事故に伴う緊急時避難準備区域内にある。同区域から出荷される食肉については、現地で全頭の体表を検査している。

 福島県によると、この畜産家は屋内で牛を飼育し、エサも屋内で管理した配合飼料を使っていたという。6月26日にこの牛の体表を検査したが、放射性物質は検出されなかった。県の担当者は「なぜ基準の4.6倍もの値が検出されたのか分からない」と話している。



*毎日新聞    <東日本大震災>福島県内 自殺者2割増 4~6月
2011年7月9日 01時15分

 警察庁の統計(速報値)によると、4〜6月の福島県内での自殺者は160人。昨年同期と比べ岩手県(105人)、宮城県(130人)が減ったのに対し、福島は約2割増えている。飯舘村では4月12日に家族と避難の話し合いをしていた102歳の男性が自殺。今月1日には川俣町の計画的避難区域で一時帰宅中の58歳女性が焼身自殺したとみられるなど、避難にかかわる例が目立つ。

 高齢者の生活相談に応じている福島県社会福祉協議会の担当者は「今後は自殺や孤独死の防止が最大の課題。相談もせず亡くなってしまう人が多いが、少しでも話せば楽になる時もある。どんなことでもいいので電話してみてほしい」と呼びかける。相談は高齢者総合相談センター(024・524・2225)へ。



*日経新聞   山口県議会、上関原発建設計画の一時凍結を求める意見書可決
2011/7/8 23:40
印刷
 山口県議会は8日の本会議で、上関原子力発電所(山口県上関町)の建設計画について事実上の一時凍結を求める意見書を全会一致で可決した。同日付で国に送付した。

 表題は「原子力発電所の安全対策の強化等を求める意見書」。福島第1原子力発電所の事故の収束や、国が新たな知見に基づく安全指針の見直しを早急に進めることなどを5項目にわたって求める内容で、上関原発には触れていない。しかし、その前文で、上関原発計画を「一時凍結せざるを得ない状況と考える」とした。

 本会議後、二井関成県知事は「県議会でまとまった意見書の趣旨を尊重して対応したい」と話した。二井知事は先月27日の県議会で、中国電力に付与した埋め立て免許の延長を認めない方針を示している。二井知事は建設の「凍結」には言及していないが、事実上の一時凍結を打ち出した県議会の意見書について「方向としては差はない」とする考えを示した。



*日テレnews 原発全て停止、原子力法改正案成立 ドイツ
< 2011年7月9日 7:40 >

 ドイツで8日、国内にある17基の原子力発電所全てを停止する「原子力法改正案」が連邦参議院で可決、成立した。現在、運転を停止している8基はこのまま閉鎖し、残りの9基は22年末までに順次停止し、その後廃炉とする。

 福島第一原発の事故後、いち早く「脱原発」を決めたドイツは、風力など再生可能エネルギーへの転換を目指してこれから具体的に動き出すことになる。


*毎日新聞   九州電力:原発やらせメール 複数の役員関与 組織ぐるみ疑い強まる

 九州電力玄海原子力発電所2、3号機の運転再開に関する佐賀県民向け説明番組を舞台にした「やらせメール」問題で、原子力を担当する複数の同社役員が関与していたことが8日、関係者の話で分かった。子会社に直接指示した課長級社員の複数の上司がかかわっていたことで、組織ぐるみの疑いがさらに強まった。また、同社では以前から住民向け説明会に社員を動員するなど、やらせ的手法が慣習化していたことも判明した。

 同社関係者によると、課長級社員が、上司の執行役員から番組があることを社内の原子力関係の3部署や子会社4社に通知するよう指示されたことを受けて「やらせメール」を発信していたことがすでに判明している。少なくとも2人の役員がこの指示に関与していたことが、関係者の話で分かった。

毎日新聞 2011年7月8日 東京夕刊
[PR]
by norikoiida | 2011-07-08 22:55 | 日記
<< 日記*20110709*姪の結婚式 日記*20110707*201... >>