日記*20110706*新女王蜂誕生☆脱原発映画「ミツバチの羽音と地球の回転」を観に行く


*2011/07/06(水)   はれ


午前中、ミツバチ畑へ。

初めての新女王蜂誕生に大喜び^^*


beehoney*garden   国立ミツバチ日記
日記*20110706*ついに、新女王蜂ターシャ2世の誕生☆キンカンの花とミツバチ



夕方17:30から、鎌仲ひとみ監督の脱原発映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映&講演会が、一橋大学の兼松講堂であり、国立のヨン友と観にいってきました。

すばらしいドキュメンタリー映画でした! 

監督の講演会では「3/11以降の放射能汚染の現実にあらためてしっかり向き合わなくては....」と思いました!



バラ☆ウィズレー2008
d0086230_0581210.jpg




*今日の原発事故ニュース↓





*ベスツ&ワースト       2011年7月6日 22:00 
【福島第一原発事故】福島県の子どもたち45%が甲状腺被ばく、原子力安全委員会が発表「精密検査の必要はないと判断した」-人の急性被ばくによる症状

 

■福島県の子どもたち45%が甲状腺被ばく
2011年7月5日、原子力安全委員会は3月下旬の段階で15歳以下の子ども1080人を対象とした被ばく検査の結果を公表した。

d0086230_6203915.jpg


それによると約45%の子どもが甲状腺ひばくをしていることが分かった。

原子力安全委員会いずれも微量で健康には影響なく、精密検査の必要はないとしている。実測値のほとんどは0.04マイクロシーベルト/時以下であったとしている。

■人の急性被ばくによる症状
今回は「独立行政法人国立病院機構災害医療センター」の「人の急性被ばくによる症状」のデーターを見てみよう。

d0086230_6204175.jpg




0.25Sv以下
臨床的にみられるような変化はない。晩発影響もないとされる。

0.5Sv
わずかな一過性血液変化(リンパ球減少等)。そのほか臨床的な変化はない。 しかし晩発影響の可能性があある。

1.0Sv【危険限界線量】-----------------
吐気、嘔吐、全身倦怠感、著しい血液像の変化(リンパ球著減等)。 快復は遅延し、加齢促進もありうる。 

2.0Sv
24時間以内に吐気、嘔吐。ほぼ1~2週間のうちに脱毛、食欲不振、 全身衰弱感、口渇、下痢。2~6週のうちに死ぬ者がわずがながら出現する(死亡率5%)。回復は個人差、 合併症の有無などにより異なる。
 
4.0Sv【亜致死線量】-------------------
1~2時間のうちに吐気、嘔吐。1週間の潜伏期をおいて脱毛。食欲不振、 発熱を伴う全身衰弱。第3週のうちに激しい口内炎、咽頭炎。4週間のうちに下痢、鼻出血、高度の衰弱。 2~6週間のうちに被ばく者の死(50%)をもたらす。LD50 量(半致死線量)
 
6.0Sv【致死線量】---------------------
1~2時間で吐気、嘔吐、 引き続き下痢。1週間のうちに口内炎、咽頭炎、発熱と急速な衰弱。2週間のうちに被ばく者の死(90%)をもたらす。
(参考:独立行政法人国立病院機構災害医療センター-人の急性被ばくによる症状)


このデーターを見る限り、原子力安全委員会の調査報告が正しいとすれば問題はないのかもしれない。ただ、放射能汚染に関してどこの情報を信じればいいのか疑心暗鬼な気持ちになってしまう。
[PR]
by norikoiida | 2011-07-06 23:50 | 日記
<< 日記*20110707*201... 日記*20110705*3日ぶ... >>