日記*20110624*熊谷で39.8℃....暑い〜!

*2011/06/24(金)   はれ


今日も暑い1日でした!

埼玉県の熊谷市では、最高気温39.8℃となり6月の国内観測史上最高記録を更新したそうです....@@;

東京も32℃と暑かった....。

今日は朝から、国立で「ミツバチと一緒に花畑をつくろう!」というイベントがあり、ミツバチの蜜源の花の種をまいてきました。


beehoney*garden   国立ミツバチ日記
日記*20110624*ミツバチと一緒に花畑をつくろう!☆蜜源の花の種をまく



連日、熱中症になりそうなほどの暑さが続いていますね。

さすがの暑さに、先日買った扇風機をやっと箱から出して組み立てました...^^;

扇風機があると冷房なしでもなんとかなりそうです!

それに、震災の後に買ったアイスノンを使ってみました。

首がひんやりして、体の熱がすっと下がる感じでいいです〜^^*

母にも電話で「昼は首まきアイスノン、夜は枕用アイスノンを使ってね〜!水分補給もしてね!」と念押ししました。


バラ☆ロココ
d0086230_22385692.jpg




*今日の原発事故ニュース↓



*共同通信   猛暑で電力使用率91・6% 東電管内、震災後最大
2011年6月24日 19時27分 (2011年6月24日 19時59分 更新)


d0086230_2255773.jpg

 関東地方で猛暑となった影響で、東京電力の最大供給力に対する電力需要の割合が90%を超えたことを示すボード=24日午後、JR品川駅


 東京電力管内の電力需要は24日、ピークの午後2時台に4389万キロワット(速報)を記録し、前日を約170万キロワット上回った。最大供給力4790万キロワットに対する電力需要の割合(使用率)は91・6%と、90%を超えた。関東地方で猛暑となった影響で、エアコンなどの使用が増えたため。気温の上昇で、東電管内では電力需要が4日連続で大震災後で最大を更新。電力需給は逼迫しつつある。



*毎日新聞    福島第1原発:放射性物質10万分の1に 淡水化も開始


 東京電力は24日、福島第1原発の高濃度放射性汚染水浄化システムで、放射性物質の濃度が10万分の1程度になり、目標の処理能力を達成したと発表した。濃度を低減した汚染水から塩分を取り除く淡水化装置の試運転も同日開始した。月内にも処理水を原子炉に注水する循環システムの稼働を目指している。

 東電によると、汚染水から油分を分離後、米キュリオン社の装置ではセシウムの除去があまり進まなかったものの、仏アレバ社の装置で予定を上回る除去ができたため、低減目標を達成できたという。

 東電は同日、大量の高濃度汚染水がたまっている2号機原子炉建屋で、千葉工業大などが開発した緊急災害対応ロボット「クインス」を使って水位計の設置作業を始めた。国産ロボットが建屋内作業に投入されるのは初めて。だが、ケーブル操作の不具合などで、この日は作業を中断した。

 また、東電は1号機の使用済み核燃料プールの水から、放射性セシウムとヨウ素を検出したと発表した。1立方センチあたりセシウム134が1万2000ベクレル、セシウム137が1万4000ベクレル、ヨウ素131は68ベクレル。松本純一原子力・立地本部長代理は「既に分析している2~4号機のプールの水の濃度と同じレベル。水素爆発などで建屋に放出されたもので、燃料に損傷はない」との見方を示した。【杉埜水脈、徳野仁子】

毎日新聞 2011年6月24日 20時56分(最終更新 6月24日 21時04分)


*共同通信    2011/06/24 22:14
37人実在せず? 原発作業員、別名使用か


 東京電力は24日、福島第1原発100+ 件で3月に作業に従事し内部被ばく線量が未測定のまま連絡の取れない69人のうち、実在するかどうかが確認できない作業員が37人に上ると発表した。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「(被ばく線量が増え、作業に従事できなくなるのを防ぐため)別の名前を使った可能性が否定できない」としている。

 37人はいずれも協力企業の社員などとして登録していたが、東電が各社に照会しても存在が確認できなかった。


*毎日新聞    2011年6月24日 東京朝刊
東日本大震災:福島第1原発事故 2号機に窒素注入へ

 東京電力は23日、福島第1原発2号機で原子炉建屋などの水素爆発を防ぐため原子炉格納容器に窒素を注入する作業を始めると発表した。同日、作業員が窒素注入のためのポンプを敷設した。また高濃度汚染水浄化システムのセシウム吸着装置(米キュリオン社製)の能力が想定の20分の1だったのは、一部の弁で開閉表示の向きを油性ペンで書き誤り、正しく操作できなかったのが原因だった。

 格納容器への窒素注入は工程表で7月中旬までの実現を目標にしている。1号機で4月6日から始め約5万立方メートルを注入している。だが、2、3号機では、湿度や放射線量が高く、実施が遅れてきた。

 このうち、2号機では20日に原子炉建屋の二重扉が全開されたことで湿度が下がった。そこで作業員5人は23日、建屋外にポンプを設置し、約30分間の作業で2・64~4・81ミリシーベルト被ばくした。経済産業省原子力安全・保安院の了承を得て作業を始める。

 一方、セシウム吸着装置で汚染水が素通りしていたことが23日に判明。書き誤りミスを修正し、再び試運転を始めた。改めて放射性物質の除去能力を評価し、数日中にシステムを本格稼働する。【関東晋慈、杉埜水脈】


*TBS 2011/06/24
英、原発新設予定地8か所発表

 イギリス政府は、新たに原発をつくる8つの場所を発表。原発推進の姿勢を改めて鮮明にしました。

 イギリス政府は23日、2025年までに新たな原発をつくる場所、8か所を発表しました。8か所はいずれも、現在原発があるか、かつて原発があった場所で、地元の反対も少ないと関係者はみています。

 「安全性では妥協しませんが、原子力施設の安全性は増していますし、低炭素型社会の一部を担うものだと考えます」(チャールズ・ヘンドリー エネルギー担当相)

 福島第一原発事故の後、イギリス国内において原発に懐疑的な層が以前より増えたとの世論調査結果もありますが、イギリスの発電所は老朽化しているものも多い上、今後、電力の需要はさらに伸びるとみられていることもあり、計画は議会でも承認される見通しだということです。(24日09:19)



*共同通信    放射性物質、7年で太平洋に拡散 福島原発からの放出
2011年6月24日 21時31分


 福島第1原発事故で放出された放射性物質は太平洋を拡散し、さらなる放出がなければ7年後に全ての海域で事故前の濃度と区別がつかないほど薄まるとのコンピューターによる解析結果を、日本原子力研究開発機構がまとめ、24日発表した。機構は、半減期が長く長期間影響が残る放射性セシウム137の広がりを計算。海に放出されたり大気から降下したりしたセシウムは、高濃度の部分が塊となり、黒潮などの海流に乗って東方に移動しながら拡散する。


*ロイター    2011年 06月 24日 16:44
ソフトバンク、孫正義社長の役員報酬は1億0800万円



 [東京 24日 ロイター] ソフトバンク(9984.T: 株価, ニュース, レポート)が24日提出した2010年度の有価証券報告書によると、孫正義社長の役員報酬は1億0800万円で09年度と同額だった。ソフトバンク社長とともに、子会社ソフトバンクモバイル社長としての連結報酬。

 このほか孫社長はソフトバンク株を21.4%・2億3161万株を保有する筆頭株主。年間配当は1株あたり5円で、配当収入は約11億5800万円を受け取る。

 孫社長は東日本大震災での被災者支援のため、個人資産から100億円の寄付を表明するとともに、2011年度から引退するまでの役員報酬全額を寄付する考えを示している。
[PR]
by norikoiida | 2011-06-24 22:39 | 日記
<< 日記*20110626*小笠原... 日記*20110623*再び汗。。。 >>