日記*20110525*「花菜ガーデン」にバラの撮影に行ってきました!

*2011/05/25(水)   はれ


今日は神奈川県平塚市にある「花菜ガーデン」にバラの撮影に行ってきました♪

先週、真夏日が続き、東京近郊のバラ園はどこも一気に満開となってしまいました。

「花菜ガーデン」のバラ園「バラの轍(わだち)」も、5/19に満開とのこと。

満開から1週間たちますが、まだまだ見応えありました〜^^*


d0086230_22553680.jpg



d0086230_22572950.jpg



この「花菜ガーデン」は昨年の春にオープンしました。

わたしがこのバラ園を訪れたのは、昨年の秋のこと。

こじんまりとしていますが、バラのセレクトやレイアウトに感心してしまいました。

890品種、1100本のバラが、野生種・原種から近代のバラまで、バラの歴史がわかるように植えられています。

ハーブなど、ほかの植物がバラの回りに植えてあって、イングリッシュガーデン風で素敵です♪

秋にはオールドローズやつるバラは咲いていなかったので、ぜひ、春のバラ園を見てみたいと思っていました。

先週はミツバチで忙しくて、バラ満開状態は逃してしまいましたが、春はやっぱり華やかですね!

来年は絶対に満開のときに、訪れたいと思います〜^^*


d0086230_22555947.jpg



d0086230_22571087.jpg



d0086230_22575210.jpg



d0086230_22583353.jpg



d0086230_2259547.jpg



d0086230_2313144.jpg



d0086230_2301022.jpg






d0086230_2302367.jpg



バラ園で一匹だけミツバチを見つけました〜!

ワイルドローズやオールドローズは蜜があるので、ミツバチもやってきますが、ハイブリッドのバラは蜜がなくて、バラ園でミツバチを見かけることは少ない....^^;

花菜ガーデンの広場にはクローバーがたくさん咲いていましたが、たくさんのミツバチが蜜を集めていました。

ミツバチの動きは素早くて、飛んでいるところの撮影はなかなか難しい....^^;

閉館前の1時間は、クローバーの蜜を集めるミツバチの撮影に夢中になってしまいました!






BYJ file*ぺ・ヨンジュンニュース



beehoney*garden   国立ミツバチ日記



*今日の原発事故ニュース↓



*共同通信    茶葉から基準超えセシウム検出 群馬・渋川と千葉4市
2011年5月25日 21時41分


 千葉県と群馬県は25日、野田市など千葉県の4市と群馬県渋川市で24日に採取した生茶葉から、暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。最大が渋川市の780ベクレルで、野田市763ベクレル、山武市639ベクレル、富里市635ベクレル、成田市622ベクレル。放射性ヨウ素は野田市で微量が検出されたが、他の4市では検出されなかった。群馬県の茶葉から基準値を超える放射性物質が検出されたのは初めて。成田市の茶葉は既に製茶され、約40キロが販売されていたため、千葉県が回収を要請。残る4市の茶葉は流通していないとみられる。両県は、5市や生産組合などに出荷自粛を要請した。群馬県は渋川市のほか、桐生市の生茶葉、前橋や高崎など6市町のホウレンソウ、ウメなどを検査。千葉県も千葉市など3市町の生茶葉、習志野市など6市町のニンジンなどを検査したが、いずれも基準値を下回った。



*exciteニュース  
元・放射線医学研究官、専門家の「直ちに健康に影響はない」発言を批判
2011年5月25日 21時09分 (2011年5月25日 21時33分 更新)



 元・放射線医学総合研究所主任研究官の崎山比早子氏は2011年5月22日、都内で開催されたシンポジウムに参加し、東日本大震災で大きな被害を受けた福島第1原子力発電所から放射性物質が漏れ広範囲に飛散していることに対し、専門家らが「直ちに健康に影響はない」と発言したことについて「放射線には安全量がない。(晩発障害に言及しないで)安心安全と言うのはおかしい」と述べた。
 崎山氏は元・放射線医学総合研究所主任研究官。現在は高木学校で原子力教育などに携わっている。この日は、「オペレーション・コドモタチ」と題するシンポジウムに登壇者として出席。放射線が身体に与える影響について語った。
 崎山氏は、福島県福島市の放射線量について「高いですね」と述べ、放射線の影響について「ないとは言えない」との認識を示した。これを受けて出演者から「どの程度のリスクがあるのか」と問われると、崎山氏は「それは線量に応じてあるが、放射線には安全量がないということが国際的な合意」と述べた上で、
「福島第1原発の事故が起こったときに、専門家の先生らが『直ちに健康に影響はない』と言ったが、急性障害のことを言っていると思う。だけど、(障害には)急性障害と晩発障害がある。晩発障害は数年とか数十年経ったあとに『がん』ができる障害。そのことを一切言わないで安心安全と言うのはおかしい」
 と、福島第1原発の事故で増加した放射線量について、「直ちに健康に影響はない」との見解を示してきた政治家や専門家を批判した。
 また、晩発障害を無視したような発言が出る背景については
「放射線というのは(障害との)因果関係がハッキリしない。『がん』が放射線によるものなのか、化学物質によるのか、自然発生によるのかが一切わからない。何年後に『がん』になるのかわからない。そういう因果関係のわからなさで、放射線による発がんというのが軽く見られる」
 と話した。



*朝日新聞    「2034年までに原発全廃」 スイスが国家目標
2011年5月26日1時0分


 スイス政府は25日、国内に5基ある原子力発電所を、寿命を迎える2034年までに廃炉とし、改修や新規建設はしないとの国家目標を決めた。福島原発事故後、ドイツに続き「脱原発」政策にかじを切った。

 記者会見したロイトハルト環境エネルギー相によると、全閣僚7人が特別会合を開き、(1)老朽化する原発の改修を含む現在の原発態勢の維持(2)改修はせず、今の原発の安全性が保てる間に順次廃炉(3)原発の即時稼働停止、の三つのシナリオを中心に協議。最終的に(2)を選んだ。ロイトハルト氏は朝日新聞の取材に「フクシマが、今後数十年のスイスのエネルギー戦略を変えた」と答えた。

 スイスでは電力使用量の約39%を原発が担っている。今後は、約56%を占める水力発電の割合を高める方針。スイスにはアルプスの水源を活用した水力発電所が500カ所以上あり、まずはこれらの設備を改修するなどして効率を高めるという。さらに、太陽光や風力など再生可能エネルギーの導入も進め、原発分の穴埋めを図る。


*東京新聞   孫社長、休耕田で太陽光発電を 「電田」構想提唱
2011年5月23日 20時05分

 脱原発への取り組みを進めているソフトバンクの孫正義社長は23日、原発問題をテーマにした参院行政監視委員会に参考人として出席し、全国の休耕田や耕作放棄地を活用して太陽光発電施設を造る「電田プロジェクト」を提唱した。
 孫社長によると、同プロジェクトは、国内にある休耕田約20万ヘクタールと耕作放棄地約34万ヘクタールに、太陽光発電のパネルを設置して50ギガワット規模(1ギガワット=100万キロワット)を発電するもので、「原発50基分の電力をつくれる」と主張した。
 これに加え、住宅の屋根への太陽光パネル設置や、風力、地熱発電の促進などを通じ、国内の発電量に占める自然エネルギーの割合を現在の10%(水力含む)から30%にまで増やせるとの試算も紹介した。
 また、孫社長は「原発を継続的に受け入れるべきかどうかを、国民に問う場があってもいい」と、国民投票で原発推進の是非を判断するべきだとの見解を表明した。
(共同)


*毎日新聞   2011年5月26日 東京朝刊
ソフトバンク:自然エネで協議会 19道県知事と

 ソフトバンクの孫正義社長と神奈川、埼玉など19道県の知事らが25日、東京都内で記者会見し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」や風力発電などの普及を図る「自然エネルギー協議会」を7月上旬に設立すると発表した。孫社長は「グループ売上高3兆円の数%」を投資し、参加自治体などと共同で「メガソーラー」の建設を進める方針も明らかにした。

 ソフトバンクが個々の自治体と、休耕田など用地の提供を受けるなどして進める計画。1施設で一般家庭約5000世帯分の電力をまかなえる出力2万キロワットのメガソーラーを中心に、全国で10カ所程度の建設を予定している。金融機関からの借り入れなどで自治体側の財政負担が重くならないようにするという。

 協議会設立に賛同しているのは、北海道と、秋田、埼玉、神奈川、福井、山梨、長野、静岡、愛知、三重、岡山、広島、香川、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎の各県。

 これらの自治体がメガソーラー受け入れを表明しているわけではないが、会合では「第1号をやらせてほしい」(古川康・佐賀県知事)などと立地に前向きな声も相次いだ。【乾達】


*共同通信   自然エネ割合20%へ 首相、OECDで公約
2011年5月26日 01時42分 (2011年5月26日 01時49分 更新)


 【パリ共同】菅直人首相は25日午後(日本時間26日未明)、パリで開かれた経済協力開発機構(OECD)設立50周年記念行事で講演し、福島第1原発事故を受けたエネルギー政策見直しについて、太陽光や風力など自然エネルギーの総電力に占める割合を「大胆な技術革新」により2020年代の早期に20%へ拡大する方針を表明した。
[PR]
by norikoiida | 2011-05-25 23:00 | 日記
<< 日記*20110526*今年は... 日記*20110524*ついに... >>